top link help about koara login
言語選択
flagflag
検索
全文検索(Googleカスタム検索) 詳細検索
インデックスツリー

詳細



ID AN10079809-20130930-0043
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10079809-20130930-0043.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.2 MB
Last updated : Nov 11, 2013
Downloads : 6130

Total downloads since Nov 11, 2013 : 6130
URI
タイトル ドライイーストの経年劣化によるアルコール発酵実験への影響
別タイトル
Degradation of dry east and its effect on alcoholic fermentation experiment
著者
向井, 知大(Mukai, Tomohiro)
慶應義塾大学自然科学研究教育センター (Research and Education Center for Natural Sciences, Keio University)
大場, 茂(Oba, Shigeru) 
慶應義塾大学自然科学研究教育センター (Research and Education Center for Natural Sciences, Keio University)
publisher
出版地 横浜
出版者 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会
日付
出版年: 2013 - 
作成日
更新日
記録日
形態
上位タイトル
慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学 (The Hiyoshi review of the natural science). No.54  (2013. 9) ,p.43- 56
識別番号
ISSN
09117237
DOI
URI
抄録 慶應義塾大学日吉キャンパスにおける文系学生を対象とした化学実験のテーマの1つとして, アルコール発酵に関する実験を2007年から行っている。この実験では, 注射筒の中でスクロースを酵母によって発酵させ, 発生する二酸化炭素の体積から反応速度を求める。発酵後のスクロース酵母液をろ過し, そのろ液の糖度から, スクロースの消費具合を確認する。その際に, ろ液には酵母のエキスも加わっていることを考慮する必要がある。この影響の大きさは, 酵母の鮮度にはほぼ無関係であった。また, 使用期限の過ぎたドライイーストは, 新しいものに比べて明らかに活性が落ちるが, 2年半経過したものと4年半経過したものとでは, 反応速度にあまり違いが見られなかった。なお, アーレニウス・プロットによる検討の結果, 最適温度(45℃)において, すでに熱変性の影響が少し見られることがわかった。
キーワード
NDC
注記 研究ノート
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 日吉紀要 / 自然科学 / 54 (2013)
関連アイテム


KeiO Associated Repository of Academic resources ( KOARA ) -2008-
riken xoonips