慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10079809-20100331-0063  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10079809-20100331-0063.pdf
Type :application/pdf Download
Size :14.9 MB
Last updated :Aug 11, 2010
Downloads : 951

Total downloads since Aug 11, 2010 : 951
 
タイトル
タイトル 一貫校合同による夏期臨海実習III : 中・高・大学生の連携のモデルケースとして  
カナ イッカンコウ ゴウドウ ニ ヨル カキ リンカイ ジッシュウ III : チュウ・コウ・ダイガクセイ ノ レンケイ ノ モデルケース トシテ  
ローマ字 Ikkanko godo ni yoru kaki rinkai jisshu III : chuko daigakusei no renkei no moderukesu toshite  
別タイトル
名前 A report of marine biology class by joint of students and pupils of Keio Gijuku III  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 谷口, 真也  
カナ タニグチ, シンヤ  
ローマ字 Taniguchi, Shinya  
所属 慶應義塾普通部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 井澤, 智浩  
カナ イザワ, トモヒロ  
ローマ字 Izawa, Tomohiro  
所属 慶應義塾志木高等学校  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 宮本, 康司  
カナ ミヤモト, コウジ  
ローマ字 Miyamoto, Koji  
所属 お茶の水女子大学サイエンスエデュケーションセンター  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 池田, 威秀  
カナ イケダ, タケヒデ  
ローマ字 Ikeda, Takehide  
所属 お茶の水女子大学サイエンスエデュケーションセンター  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 種田, 保穂  
カナ タネダ, ヤスホ  
ローマ字 Taneda, Yasuho  
所属 横浜国立大学教育人間科学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 秋山, 豊子  
カナ アキヤマ, トヨコ  
ローマ字 Akiyama, Toyoko  
所属 慶應義塾大学生物学教室  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku Hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学  
翻訳 The Hiyoshi review of the natural science  
 
47  
2010  
 
開始ページ 63  
終了ページ 81  
ISSN
09117237  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
慶應義塾の一貫教育制度を活かした中・高・大合同の臨海実習も今年度で3 回目となった。目的とする「1 .低学年からの理科離れを防止」や「2 .理科系を目指すだけでなく,文系を目指す中高生や大学生が,体験を共有することによって自然科学の正しい知識や理解を深め,科学的な考え方を持続維持できるためのカリキュラムを構築する。」,「3 .学校間における協力と連携,情報交換をする。」ことは,ほぼ達成している。今年度は,異学年の班による「課題研究」を中心に実習をおこなった。短い日程ながら,どの班も協力して結果を出すことができた。実施後のアンケートから,異学年との交流は非常に好評であることに加え,実習に対する予習の必要性が明らかになった。中・高・大連携による実習は慶應義塾の場合,大学が中心になるのでなく,大学側のサポートを受けつつ,一貫教育校の教員が主体的に企画し,実施していくことが可能であり,一般的な教育プログラムのモデルとしても重要な点であると考えられた。
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
研究ノート
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2013 13:53:37  
作成日
Aug 11, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 11, 2013    フリーキーワード を変更
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 自然科学 / 47 (2010)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース