慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20180400-0077  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20180400-0077.pdf
Type :application/pdf Download
Size :3.2 MB
Last updated :Apr 25, 2019
Downloads : 226

Total downloads since Apr 25, 2019 : 226
 
タイトル
タイトル 非財務情報の開示 : 自己創設無形資産を中心として  
カナ ヒザイム ジョウホウ ノ カイジ : ジコ ソウセツ ムケイ シサン オ チュウシン トシテ  
ローマ字 Hizaimu jōhō no kaiji : jiko sōsetsu mukei shisan o chūshin toshite  
別タイトル
名前 On the disclosure of non-financial information : focus on internally generated intangibles  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 深井, 忠  
カナ フカイ, タダシ  
ローマ字 Fukai, Tadashi  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
61  
1  
2018  
4  
開始ページ 77  
終了ページ 91  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
会計情報の有用性の低下が洋の東西を問わず主張されており, その要因の1つにブランドや顧客関係といった自己創設無形資産が資産計上されていないことが指摘される。本稿では, 有用性の低下を主張する論者と反対論者の論拠を検討し, それを受けて自己創設無形資産のオンバランス化の是非を検討する。次いで非財務情報を財務情報とは信頼性の違いから異質の情報と見て, 両者を別個の報告書で開示すること, 但し両者のコネクティビティを図ることによって企業活動(ビジネスモデル)の全貌を理解し易くすることを提唱する。残された課題として非財務情報の保証の問題を取り上げる。
It is argued that the usefulness of accounting information has been deteriorated for decades regardless of the East and the West of the ocean, and one of its factors is that intangibles such as brands and customer relationships are not capitalized on the balance sheets. In this paper, we consider the pros and cons of arguments on the recognition of internally generated intangibles. And we consider financial and non-financial information are different from the view point of reliability, so I propose those information should be disclosed in the separate report and also should be connected each other so as to make them easy to understand the whole picture of the company's business model. An issue on assurance of non-financial information remains as a future task.
 
目次

 
キーワード
自己創設無形資産  

財務情報  

非財務情報  

コネクティビティ  
NDC
 
注記
黒川行治教授退任記念号#論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 25, 2019 16:04:48  
作成日
Aug 07, 2018 13:45:49  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 7, 2018    インデックス を変更
Apr 25, 2019    本文,版,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 61 (2018) / 61(1) 201804
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース