慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20160401-0061  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20160401-0061.pdf
Type :application/pdf Download
Size :536.3 KB
Last updated :Apr 3, 2017
Downloads : 622

Total downloads since Apr 3, 2017 : 622
 
タイトル
タイトル 所得税の税額控除新設試案に関するマイクロ・シミュレーション : 所得控除から税額控除へ  
カナ ショトクゼイ ノ ゼイガク コウジョ シンセツ シアン ニ カンスル マイクロ・シミュレーション : ショトク コウジョ カラ ゼイガク コウジョ エ  
ローマ字 Shotokuzei no zeigaku kojo shinsetsu shian ni kansuru maikuro shimyureshon : shotoku kojo kara zeigaku kojo e  
別タイトル
名前 Microsimulation of personal income tax reform from tax deductions to tax credit  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 土居, 丈朗  
カナ ドイ, タケロウ  
ローマ字 Doi, Takero  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳) Faculty of Economics, Keio University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
109  
1  
2016  
4  
開始ページ 61  
終了ページ 86  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿では, わが国の所得税制において多用されている所得控除を, 税額控除に置き換える所得税制改革の効果を, 「日本家計パネル調査(JHPS)」のデータを用いてマイクロ・シミュレーションを試みた。現行の所得税と住民税で所得控除として設けられている, 給与所得控除と公的年金等控除, そして人的控除を廃止するとともに, 家族構成に即した税額控除を新設する税制改革を検討した。さらに, 社会保険料にまつわる「130万円の壁」をなくすべく, 年収が130万円以上260万円未満の有配偶の給与所得者に対して, 支払った社会保険料の一部を事前に減免する「社会保険料割引」の新設を検討した。これらは, 税収中立となるように設計した。これらの効果をマイクロ・シミュレーションで分析した結果, 所得格差是正に効果があることが明らかとなった。
Using data from the Japan Household Panel Survey (JHPS), this paper performs a microsimulation of a personal income tax reform in Japan in which main deductions from income (tax allowances) are abolished and tax credits based on household composition are newly established. Currently, the Japanese personal income taxation uses tax allowances more heavily than tax credits. However, it is known that tax credits are more effective than deduction from income in reducing income disparity. In addition to a shift from deductions to tax credits, we propose discounting the social security premium for low income earners, which is consistent with personal income taxation. According to the results of the microsimulation using the JHPS, these proposals are effective in narrowing household disposal income disparity.
 
目次

 
キーワード
所得税  

税制改革  

マイクロ・シミュレーション  

税額控除  

社会保険料  

personal income taxation  

tax reform  

tax deduction  

tax credit  

microsimulation  
NDC
 
注記
論説
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 03, 2017 09:24:28  
作成日
Sep 28, 2016 14:21:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 3, 2017    フリーキーワード, 抄録, 版, 本文 を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 109 (2016) / 109(1) 201604
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース