慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000076-0075  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000076-0075.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.1 MB
Last updated :Sep 21, 2010
Downloads : 588

Total downloads since Sep 21, 2010 : 588
 
タイトル
タイトル パウル・ティリッヒのキリスト教倫理学  
カナ パウル・ティリッヒ ノ キリストキョウ リンリガク  
ローマ字 Pauru Tirihhi no kirisutokyo rinrigaku  
別タイトル
名前 The Christian ethics of Paul Tillich  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 内田, 満  
カナ ウチダ, ミツル  
ローマ字 Uchida, Mitsuru  
所属 慶應義塾大学文学研究科博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1983  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
76  
1983  
4  
開始ページ 75  
終了ページ 95  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Paul Tillich aims, as his theological and philosophical task, at reinterpreting the message of Christian faith in order to lead our contemporaries to understand its meaning. He asserts that the symbols used in the Christian message, which are not identical with the reality they point to, must never be taken literally. Christian symbols are words that mean various qualities of the basic reality, so that they should be interiireted by making use of philosophical concepts. By translating Biblical personalistic categories into ontological concepts, he seeks to integrate the personalistic and the ontological view of God. In addition to this theological characteristic, his ethics has its proper subject matter. In his ethical writings, he attempts to "remove the obsolete conflict between reason-determined ethics and faith-determined ethics," by showing that the religious principles dwell within the principles of moral action. He argues that it is impossible to drive a moral imperative from other sources than our own intrinsic nature which is our essential being. Thus, it is very difficult for him to develop ethics which deals with the question as to how life is to be governed in relation to external norms of human conduct.
 
目次
I. ティリッヒ倫理学の構造
 (1) 道徳法(moral law)
 (2) 正義(justice)
 (3) 愛(love)
 (この章の附論)
  1. カイロス(kairos)
  2. 恩恵(grace)
  3. 聖霊の現在(Spiritual Presence)
II. ティリッヒの意図
あとがき
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 02, 2012 14:02:20  
作成日
Sep 21, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 2, 2012    フリーキーワード, 目次 を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 76 (198300)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース