慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00135710-00560001-0061  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00135710-00560001-0061.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.5 MB
Last updated :Apr 12, 2017
Downloads : 358

Total downloads since Apr 12, 2017 : 358
 
タイトル
タイトル 慶應義塾体育会部員に対するマウスガード利用の実態調査  
カナ ケイオウ ギジュク タイイクカイ ブイン ニ タイスル マウスガード リヨウ ノ ジッタイ チョウサ  
ローマ字 Keio gijuku taiikukai buin ni taisuru mausugado riyo no jittai chosa  
別タイトル
名前 A survey on the use of mouth guards among members of the Keio University Athletic Association  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鳥海, 崇  
カナ トリウミ, タカシ  
ローマ字 Toriumi, Takashi  
所属 慶應義塾大学体育研究所専任講師  
所属(翻訳) Assistant professor, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 森, 文彦  
カナ モリ, フミヒコ  
ローマ字 Mori, Fumihiko  
所属 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科非常勤講師  
所属(翻訳) Lecturer, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Tokyo  
役割  
外部リンク  

名前 坂井, 利彰  
カナ サカイ, トシアキ  
ローマ字 Sakai, Toshiaki  
所属 慶應義塾大学体育研究所専任講師  
所属(翻訳) Assistant professor, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 須田, 芳正  
カナ スダ, ヨシマサ  
ローマ字 Suda, Yoshimasa  
所属 慶應義塾大学体育研究所准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 加藤, 幸司  
カナ カトウ, コウジ  
ローマ字 Kato, Koji  
所属 慶應義塾大学体育研究所准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 吉田, 泰将  
カナ ヨシダ, ヤスマサ  
ローマ字 Yoshida, Yasumasa  
所属 慶應義塾大学体育研究所准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 石手, 靖  
カナ イシデ, ヤスシ  
ローマ字 Ishide, Yasushi  
所属 慶應義塾大学体育研究所教授  
所属(翻訳) Professor, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学体育研究所  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク タイイク ケンキュウジョ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku taiiku kenkyujo  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 体育研究所紀要  
翻訳 Bulletin of the institute of physical education, Keio university  
56  
1  
2017  
1  
開始ページ 61  
終了ページ 73  
ISSN
02866951  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
We conducted a questionnaire survey on the status of mouth guard use in 40 clubs belonging to the Keio University Athletic Association in February 2014.
The survey items assessed the following : ① presence or absence and frequency of daily use of mouth guard, and whether the mouth guard used is custom made ; ② experience of mouth and tooth injury and the presence or absence of the mouth guard when the injury occurred ; and ③ experience of concussion and the presence or absence of a mouth guard when the concussion occurred. A total of 1,046 individuals responded, including 796 males (76.1%) and 250 females (23.9%). The average ages of male and female respondents were 20.1 and 19.9 years old, respectively. Three hundred nine (29.5%) were mouth guard wearers, 247 of which were male (31.0%) and 62 of which were female (24.8%). One hundred fortyfour respondents (13.8%) had experienced mouth and tooth injuries (110 [13.8%] male and 34 [13.6%] female), while 142 (13.6%) respondents had experienced concussion (136 [17.1%] male and 6 [2.4%] female). More than 5 people used mouth guards in the rugby, American football, lacrosse, Shorinji Kempo and baseball sports clubs among males and the lacrosse club among females. In the rugby, American football, lacrosse (females only), and Shorinji Kempo clubs, the prevalence of mouth guard wearing exceeded 90%. The major reasons for being discontent with wearing mouth guards were "a foreign sensation" in baseball, breathing trouble in Shorinji Kempo , and poor pronunciation in rugby, American football, and lacrosse (both males and females), accounting for about 25%. Regarding the influence of mouth guards on the prevention of mouth and tooth injuries, we did observe a prevention effect in this study. However, we could not separate this effect from those of physique difference and years of experience using this survey method alone. The same is true for concussion.
 
目次

 
キーワード
マウスガード  

慶應義塾体育会  

実態調査  

mouth guards  

the Keio University Athletic Association  

questionnaire survey  
NDC
 
注記
研究資料
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 12, 2017 09:07:54  
作成日
Apr 12, 2017 09:07:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 体育研究所 / 体育研究所紀要 / 56(1) (2017)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース