慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00135710-00350001-0027  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00135710-00350001-0027.pdf
Type :application/pdf Download
Size :342.0 KB
Last updated :Jun 11, 2012
Downloads : 2100

Total downloads since Jun 11, 2012 : 2100
 
タイトル
タイトル トレマックスシステムを用いた静的最大筋力の出力特性 : 膝部伸展・屈曲の場合  
カナ トレマックス システム オ モチイタ セイテキ サイダイ キンリョク ノ シュツリョク トクセイ : シツブ シンテン・クッキョク ノ バアイ  
ローマ字 Toremakkusu shisutemu o mochiita seiteki saidai kinryoku no shutsuryoku tokusei : shitsubu shinten kukkyoku no baai  
別タイトル
名前 A study on the strength of leg extention and leg curl exercise measured with the "Tremax System" and the "ADR" (Aero Dynamic Resistance System)  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 安藤, 勝英  
カナ アンドウ, カツヒデ  
ローマ字 Ando, Katsuhide  
所属 慶應義塾大学体育研究所助教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学体育研究所  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク タイイク ケンキュウジョ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku taiiku kenkyujo  
日付
出版年(from:yyyy) 1995  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 体育研究所紀要  
翻訳 Bulletin of the institute of physical education, Keio university  
35  
1  
1995  
12  
開始ページ 27  
終了ページ 35  
ISSN
02866951  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This is a study on the nature of the extensor and flexor muscles by the leg extention and leg curl exercise. The strength of the static muscles were measured with the "Tremax system" and for the strength of the dynamic muscles the "ADR" was used. Measuring the strength of the extensor muscles at bar no.1 to 4 of the Tremax System,it comes to a maximum at bar no.2 (extention 60°) but it declines radically when approaching extention 0°. Compared to the extensor muscles, the flexor muscules showed relatively small differences between bar no.5 to 8. The maximum of the flexor muscles is at bar no.6 (flection 30°). These results are almost identical with the 30 RPM strength curve of the Cybex-Machine. Therefore it is possible to conclude that static training as well as resistance training for rehabilitation will be as effective as that of the Cybex-machine. I compared the data of leg curl exercise among individuals using six testees. The difference of the strength of the static muscule group measured with the Tremax System is large,while those of the dinamic muscle group measured with the ADR remain comperatively small.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 11, 2012 09:00:00  
作成日
Jun 11, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 体育研究所 / 体育研究所紀要 / 35(1) (1995)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 3倍体プラナリア... (740) 1st
2位 宇宙空間における... (734)
3位 エリザベス・キー... (714)
4位 茨城県における徴... (704)
5位 A better way to ... (702)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本企業によるリ... (738) 1st
2位 モデルベース開発... (729)
3位 『体験型音楽LIVE... (713)
4位 ARBITRAGE, HEDGI... (700)
5位 ジヒドロアクリジ... (694)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース