慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN0006957X-00000073-0049  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN0006957X-00000073-0049.pdf
Type :application/pdf Download
Size :279.1 KB
Last updated :Apr 10, 2013
Downloads : 737

Total downloads since Apr 10, 2013 : 737
 
タイトル
タイトル セキセイインコのつがい形成に伴う社会交渉の変化  
カナ セキセイ インコ ノ ツガイ ケイセイ ニ トモナウ シャカイ コウショウ ノ ヘンカ  
ローマ字 Sekisei inko no tsugai keisei ni tomonau shakai kosho no henka  
別タイトル
名前 Relevance of social interactions to pair-bond formation and maintenance in budgerigars, Melopsittacus undulatus  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 一方井, 祐子  
カナ イッカタイ, ユウコ  
ローマ字 Ikkatai, Yuko  
所属 日本学術振興会  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 伊澤, 栄一  
カナ イザワ, エイイチ  
ローマ字 Izawa, Eiichi  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学大学院社会学研究科  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン シャカイガク ケンキュウカ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku daigakuin shakaigaku kenkyuka  
日付
出版年(from:yyyy) 2012  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 : 社会学心理学教育学 : 人間と社会の探究  
翻訳 Studies in sociology, psychology and education : inquiries into humans and societies  
 
73  
2012  
 
開始ページ 49  
終了ページ 55  
ISSN
0912456X  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Affiliative social interactions play a crucial role in the formation and maintenance of social bonding in the form of a cooperative relationship among group members in a wide range of social animals. Behavioural functions of affiliative interactions have been extensively investigated in mammals including primates and carnivores, but little is known about such behavioural functions in birds. Because many bird species form and maintain male‒female pair bonding as a cooperative social unit, they are good animal models to study the evolution of cooperative behaviour. In this study, we investigated the involvement of affiliative interactions in the formation and maintenance of pair bonds in a life-long monogamous bird, budgerigar (Melopsittacus undulatus). To verify the involvement of these interactions, we compared the frequency of affiliative interactions between pair bonded and non-pair bonded male‒female dyads over 3 months after introducing a novel flock. To characterize the potential frequency change in affiliative interactions, a similar comparison was conducted for aggressive interactions. We observed that affiliative interactions drastically increased together with pair bond formation 2 weeks after introducing the flock and decreased thereafter. However, a certain high frequency level of affiliative interactions was maintained even after pair bond formation. In contrast, aggressive interactions were observed to transiently increase along with pair bond formation but gradually disappeared thereafter. No such change was found in non-pair bonded male‒female dyads in both affiliative and aggressive interactions. These results suggest that affiliative interactions are involved in pair bond formation and maintenance.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 10, 2013 09:00:00  
作成日
Apr 10, 2013 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 社会学研究科 / 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 / 73 (2012)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース