慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN0006957X-00000063-0063  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN0006957X-00000063-0063.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.6 MB
Last updated :Jun 15, 2010
Downloads : 11457

Total downloads since Jun 15, 2010 : 11457
 
タイトル
タイトル 興味が引き起こされる心理的メカニズムに関する研究 : 「興味引き金仮説」に基づくモデルの提案  
カナ キョウミ ガ ヒキオコサレル シンリテキ メカニズム ニ カンスル ケンキュウ : 「キョウミ ヒキガネ カセツ」 ニ モトズク モデル ノ テイアン  
ローマ字 Kyomi ga hikiokosareru shinriteki mekanizumu ni kansuru kenkyu : "kyomi hikigane kasetsu" ni motozuku moderu no teian  
別タイトル
名前 Research on the psychological mechanism in the occurrence of interests  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 伊藤, 貴昭  
カナ イトウ, タカアキ  
ローマ字 Ito, Takaaki  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科教育学専攻  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 小口, 鈴実  
カナ オグチ, スズミ  
ローマ字 Oguchi, Suzumi  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科教育学専攻  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 神原, 知愛  
カナ カンバラ, チアイ  
ローマ字 Kanbara, Chiai  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科教育学専攻  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 平沼, 純  
カナ ヒラヌマ, ジュン  
ローマ字 Hiranuma, Jun  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科教育学専攻  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 鹿毛, 雅治  
カナ カゲ, マサハル  
ローマ字 Kage, Masaharu  
所属 慶應義塾大学教職課程センター  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学大学院社会学研究科  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン シャカイガク ケンキュウカ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku daigakuin shakaigaku kenkyuka  
日付
出版年(from:yyyy) 2006  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 : 社会学心理学教育学 : 人間と社会の探究  
翻訳 Studies in sociology, psychology and education : inquiries into humans and societies  
 
63  
2006  
 
開始ページ 63  
終了ページ 72  
ISSN
0912456X  
ISBN
 
DOI
 
URI
 
JaLCDOI
 
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The purpose of present study was to clarify the psychological mechanism that aroused interests and to examine the "Triggered lnterests Hypothesis"  that a concrete, momentary, and specific event aroused interests. Participants (545 university students)  completed the personal documents about the development of their own intrinsic motivations. The content of their interests, the experience of triggered interests or non-triggered interests,  the age and the environment of the experiences were categorized. The results were as follows: (1) 27.4% of all data were classified as triggered interests,  (2)  there were more trigger experiences in the high school age than in other ages, (3) the contents about music and  reading were influenced by  the age. These findings suggest that interests can be illustrated by the trigger interests hypothesis to some extent.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
論文
 
言語
 
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 24, 2013 15:24:47  
作成日
Jun 03, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jan 17, 2012    フリーキーワード を変更
Dec 24, 2013    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 社会学研究科 / 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 / 63 (2006)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Au temps des pre... (288) 1st
2位 犯罪とわが国民性 (167)
3位 吉岡拓君博士学位... (157)
4位 アフリカ社会主義... (144)
5位 新自由主義に抗す... (121)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 ナイロン66のATR... (417) 1st
2位 ODATE GAME : cha... (328)
3位 中和滴定と酸塩基... (321)
4位 日系アパレル企業... (284)
5位 アセトアニリドの... (281)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース