慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA12043414-20160000-0065  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA12043414-20160000-0065.pdf
Type :application/pdf Download
Size :362.0 KB
Last updated :Mar 13, 2017
Downloads : 477

Total downloads since Mar 13, 2017 : 477
 
タイトル
タイトル Extensive reading in a university EFL classroom : issues of fluency, vocabulary, and proximity  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 大学英語教育における多読の実践 : 速読と語彙の増加について  
カナ ダイガク エイゴ キョウイク ニ オケル タドク ノ ジッセン : ソクドク ト ゴイ ノ ゾウカ ニ ツイテ  
ローマ字 Daigaku eigo kyoiku ni okeru tadoku no jissen : sokudoku to goi no zoka ni tsuite  
著者
名前 Shea, David P.  
カナ シェイ, デビット  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学商学部准教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学外国語教育研究センター  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ガイコクゴ キョウイク ケンキュウ センター  
ローマ字 Keio gijuku daigaku gaikokugo kyoiku kenkyu senta  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾外国語教育研究  
翻訳 Journal of foreign language education  
13  
 
2016  
 
開始ページ 65  
終了ページ 83  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
As universities move to offer content classes in the medium of English, students face the challenge to handle large amounts of reading. Research in English as a Foreign Language (EFL) suggests that extensive reading (ER) can strengthen fluency as well as improve attitudes toward reading. While most ER researchers recommend graded readers, sociocultural approaches suggest that shared texts may also prove effective. In this paper, I report on a qualitative investigation of a required first-year reading class which incorporated selective components of ER : a large quantity of interesting text, read for enjoyment with a focus on meaning, not translation. Students overwhelmingly endorsed ER, reporting faster reading speeds and more positive attitudes, yet a number of students felt that their vocabulary declined, due to skipping unknown words. However, diagnostic tests suggested that although academic vocabulary may have declined slightly, general vocabulary likely increased. While a modified ER approach may be effective, it may be helpful to supplement reading with vocabulary practice and to "sell" students on the idea of ER.
 
目次

 
キーワード
多読(ER)  

内容重視教授法(CBI)  

学術語彙  

語彙の発展  

流暢な読み  
NDC
 
注記
調査・実践報告
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 13, 2017 09:14:46  
作成日
Mar 13, 2017 09:14:46  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 外国語教育研究センター / 慶應義塾外国語教育研究 / 13 (2016)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース