慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA10715861-00000105-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA10715861-00000105-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :250.3 KB
Last updated :Mar 12, 2012
Downloads : 821

Total downloads since Mar 12, 2012 : 821
 
タイトル
タイトル The industry origins of the US-Japan productivity gap  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Jorgenson, Dale W.  
カナ  
ローマ字  
所属 Harvard University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 野村, 浩二  
カナ ノムラ, コウジ  
ローマ字 Nomura, Koji  
所属 慶應義塾大学産業研究所  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Keio Economic Observatory Sangyo Kenkyujo  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2007  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
33 p.  
上位タイトル
名前 KEO discussion paper  
翻訳  
 
105  
2007  
6  
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper presents a comparison of total factor productivity (TFP) levels between the U.S. and Japan for the period 1960-2004 and allocates the gap to individual industries. We carefully distinguish the various concepts of purchasing power parity (PPP) and measure them within the framework of a U.S.-Japan bilateral input-output table. We also measure industry-level PPPs for capital, labor, energy, and materials inputs and output for 42 industries common to the U.S. and Japan, based on detailed estimatesfor 164 commodities, 33 assets, including land and inventories, and 1596 labor categories.
The U.S.-Japan productivity gap shrank during three decades of rapid Japanese economic growth, 1960-1990. The Japanese manufacturing sector achieved parity with its U.S. counterpart by the end of the period. With the collapse of the Japanese economic bubble at the end of the 1980s, the U.S.-Japan productivity gap reversed course and expanded to 79.5 percent by 2004. This can be attributed to rapid productivity growth in the IT-producing industries in the U.S. during the late 1990s and the sharp acceleration of productivity growth in the IT-using industries in the U.S. during 2000-2004. Wholesale and Retail Trade emerged as the largest contributor to this gap, accounting for 25.1 percent of the lower TFP of the Japanese economy.
 
目次

 
キーワード
Purchasing Power Parity  

Investment  

Productivity  

Growth  
NDC
 
注記
February 3 2007, Revised in June 18, 2007
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Technical Report  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 22, 2012 09:00:00  
作成日
Feb 22, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 産業研究所 / KEO discussion paper / 101-144
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 犯罪とわが国民性 (269) 1st
2位 デリダ歓待論にお... (187)
3位 新自由主義に抗す... (168)
4位 ロマン主義として... (149)
5位 医療保険・介護保... (126)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 電気自動車用ダイ... (542) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (351)
3位 アセトアニリドの... (327)
4位 青いフラスコの実... (292)
5位 バドミントン・シ... (257)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース