慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170203  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170203.pdf
Type :application/pdf Download
Size :124.7 KB
Last updated :Jul 29, 2019
Downloads : 20

Total downloads since Jul 29, 2019 : 20
 
タイトル
タイトル 情報学的手法を用いた非侵襲脳機能計測によるヒト認知機構の研究  
カナ ジョウホウガクテキ シュホウ オ モチイタ ヒシンシュウ ノウ キノウ ケイソク ニ ヨル ヒト ニンチ キコウ ノ ケンキュウ  
ローマ字 Jōhōgakuteki shuhō o mochiita hishinshū nō kinō keisoku ni yoru hito ninchi kikō no kenkyū  
別タイトル
名前 Neuroinformatics of human cognitive functions based on non-invasive human brain imaging  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 地村, 弘二  
カナ ジムラ, コウジ  
ローマ字 Jimura, Koji  
所属 慶應義塾大学理工学部准教授(有期)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ヒト大域脳の認知の機構を行動課題遂行中および安静時における機能的MRIにより撮像された画像によって調べた。知覚的不確実性がある環境での認知の制御が, 知覚情報が関わる後頭側頭領域と認知制御が関わる前頭前野領域の相互作用によって行われることを, 反応抑制と課題切り替えを用いて示した。とりわけ, 知覚的不確実性が高いと, 大きく活動する前頭領域から活動が小さい後頭側頭領域へトップダウンの信号が, 低いと, 大きく活動する後頭側頭領域から活動が小さい前頭領域へのボトムアップ信号が支配的になることを示した。この結果は, 環境の不確実さに依存した脳活動が大域脳領域で伝播する, トップダウン・ボトムアップ処理のシフトを示唆している。また, 報酬を実際に経験する環境で意思決定の自己制御がどのように形成されるかを調べた。被験者は数十秒遅延する少量の液体報酬を2種類経験し, その後どちらか好きな方を求められた。自己制御の強く形成された被験者は, 遅延時間における行動経済学で予想されている期待効用の効果が, 前部前頭前野で顕著であった。この結果は, 報酬経験による前部前頭前野の自己制御形成機構を示唆している。そして, 安静時における機能的結合の動的特徴を, 大規模オープンリソースデータを解析することによって調べた。滑り窓方により結合の時間変化を調べると, 結合の分散が極大になる時間があらわれ, 結合の強さが2極化し, 6つの状態を取ることがわかった。行動課題遂行中の機能的MRI解析と比較すると, そのうちの1つの状態は, 認知機能と関連することが示唆された。また他のもう1つは睡眠との関連が示唆された。これらの結果は, 安静時機能的MRIにおきる動的な時間変化は, 被験者の統制されていない心理活動を反映していることを示唆している。
The current study explored brain-wide cognitive mechanisms of humans by analyzing task-related and resting-state functional MRI data. We found that cognitive control under perceptually uncertain environments involved interactions between visual-related occipitotemporal regions and control-related prefrontal regions. In particular, during response inhibition and task switching, functional connectivity become stronger from prefrontal regions showing greater activity toward weakly activated occipitotemporal regions, when perceptual uncertainty was increased. On the other hand, when perceptual uncertainty was decreased, functional connectivity from strongly activated occipitotemporal region to weakly activated prefrontal regions enhanced. The results suggest a shift of brain-wide top-down and bottom up signaling depending on environmental uncertainty. We also examined formation of self-control choice under decision-making situations. Participants directly experienced small amounts of liquid rewards delayed by seconds, with one smaller amount available immediately, and the other larger amount available after delay, and were then asked to choose one of the two alternatives. Individuals forming strong self-control for subsequent choice showed greater anticipatory utility effect that was predicted by behavioral economic theory in anterior prefrontal cortex, suggesting self-control formation for decision-making in the prefrontal cortex based on reward experiences. Finally, we examined dynamic characteristics during resting-state by analyzing open resource data set of fMRI with large sample size. Sliding-window approach revealed fluctuation of functional connectivity variance across the brain, and periodic depolarization of the functional connectivity during variance peak periods involving 6 states. Interindividual comparison with task-related and resting-state fMRI data revealed that one of the states is related to cognitive performance, and another is related to sleep. These results suggest that temporal fluctuations of resting-state fMRI data reflect uncontrolled mental and physiological states.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2019 15:14:44  
作成日
Feb 21, 2019 13:21:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Jul 29, 2019    著者,上位タイトル 名前,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興基金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース