慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170100  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170100.pdf
Type :application/pdf Download
Size :126.6 KB
Last updated :Aug 2, 2019
Downloads : 20

Total downloads since Aug 2, 2019 : 20
 
タイトル
タイトル チリにおける政党システムの再編成 : 選挙法改正と2017年大統領・議会選挙  
カナ チリ ニ オケル セイトウ システム ノ サイヘンセイ : センキョホウ カイセイ ト 2017ネン ダイトウリョウ・ギカイ センキョ  
ローマ字 Chiri ni okeru seitō shisutemu no saihensei : senkyohō kaisei to 2017nen daitōryō gikai senkyo  
別タイトル
名前 The effect of electoral reforms on party system : the case of chilean parliamentary elections of 2017  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 安井, 伸  
カナ ヤスイ, シン  
ローマ字 Yasui, Shin  
所属 慶應義塾大学商学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 南米チリでここ数年に実行に移された一連の選挙制度改革が, ラテンアメリカでは最も安定しているとされてきたチリの政党システムにどのような影響を与えるかについての予備的考察を行った。より具体的には, 軍政末期に制定された悪評高い「2名制」選挙制度が廃止され比例代表制が再導入されたことが, 昨年11月に実施された(大統領・)議会選挙の選挙過程・結果にどのような影響を及ぼしたのかに注目した。
今般のチリの選挙法改革のような選挙区定数と議席決定方式の大幅な変更による効果として, 一般的に「機械的効果」と「心理的効果」の存在が知られている。機械的効果とは, 制度変化の直接の効果により, 同じ投票結果に対して議席配分にどの程度の変化が生じるかを指している。この点でもっとも明白な効果は, これまでの二大政党ブロックによる事実上の議席独占の一角が崩れ, 拡大戦線(FA)をはじめとする新興勢力が躍進したことである。今回FAは, 下院で20議席を獲得したが, もし以前の制度のままであれば8議席にとどまっていた計算になる。
これに対し心理的効果は, 制度変化が有権者と各政党の戦略的行動に与える効果をさしている。有権者への影響としては, これまでの2名制の下では死票になることをおそれて小政党への投票を控えていた有権者の多くが, 今回は小政党に投票したものと思われる。この点は今後, 世論調査等の分析により明らかにしていきたい。
各政党の戦略的行動への効果については, 3月に現地調査を行い, 聞き取り調査を行った。大きな変化としては, 同一の選挙区に同一政党から複数の候補者が擁立できるようになったことにより, 競争原理が働き, 党内民主化と世代交代に前進が見られたことが指摘できる。
ただし昨年の選挙は制度変更後の最初の議会選挙であり, その効果はまだまだ限定的だったと思われる。今後, 選挙後の各政党・政党連合の動向, さらに上院の残り半数が入れ替わる次回選挙以降の結果を継続的に観察し, より長期的な検証を行いたい。
The aim of this study is to identify the effects of a series of electoral reforms realized in lasr years on the Chilean party system. More specifically, I focused on the effects of the abolition of the ill-famed "binominal" system and the (re)introduction of the proportional system on the results of the parliamentary (and presidential) elections of last November.
For that purpose, I examined the "mechanical effects" of the electoral system, on the one hand, but also the "psychological effects" on the voters as well as on each parties, on the other hands.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 02, 2019 16:49:04  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Aug 2, 2019    著者,上位タイトル 名前,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興基金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース