慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170051  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170051.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.6 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 9

Total downloads since Feb 21, 2019 : 9
 
タイトル
タイトル 犯罪者の再犯防止と改善更生に向けた自由刑制度の再構築  
カナ ハンザイシャ ノ サイハン ボウシ ト カイゼン コウセイ ニ ムケタ ジユウケイ セイド ノ サイコウチク  
ローマ字 Hanzaisha no saihan bōshi to kaizen kōsei ni muketa jiyūkei seido no saikōchiku  
別タイトル
名前 Re-establishment of imprisonment as a punishment toward re-offending prevention and rehabilitation of offenders  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 太田, 達也  
カナ オオタ, タツヤ  
ローマ字 Ota, Tatsuya  
所属 慶應義塾大学法学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 新たな自由刑制度の在り方のうち, 1)少年受刑者に対する自由刑制度の在り方と, 2)自由刑の全部執行猶予の一部取消制度の可能性に焦点を当てて検討を行った。
1)少年受刑者に対しては全国に少年刑務所が6施設設置されていて, 20歳未満の受刑者と, 20歳を超過した場合でも, 入所から3年間は少年受刑者としての特別な処遇を行っているとされる。特に, 代表的な少年刑務所とされる川越少年刑務所では, 教科指導や生活指導に力を入れ, 作業にしても園芸作業や職業訓練を行っている。しかし, 本調査で訪問調査を行った姫路少年刑務所と函館少年刑務所では, 一般の成人受刑者同様, 生産作業などの刑務作業の比率が高いことが明らかになった。しかし, 少年受刑者については, その問題性に応じた改善指導や職業訓練の比重を高める必要がある。また, その前提として, 現行刑法には身柄拘束中に作業を刑罰として科す懲役制度があるが, 韓国では, 懲役と禁錮を一本化し, 必要な場合, 矯正処遇を行うとして, 作業を刑罰として義務付ける制度を廃止する方針としており, 少年受刑者に限らず, 矯正処遇の充実を図るうえで我が国の制度も同様とすべきである。
2)全部執行猶予中の再犯や遵守事項違反があり全部執行猶予が取り消される場合は, 全部執行猶予の全てが取り消されるため, 全部実刑となる。しかし, それでは, 仮釈放が認められないと, 社会内処遇の機会がないため, カナダの条件付刑(conditional sentence)のように, 取り消す場合でも, 猶予刑の一部に限って取消し, 刑事施設での収容後, 釈放する時点で, 猶予刑が残っているようにすることで, 刑の一部執行猶予同様, 施設内処遇と社会内処遇の有機的連携を図ることができる。
In this research, reform of imprisonment system as a punishment was examined with a special focus on 1) imprisonment against juvenile inmates and 2) partial revoke of totally suspended execution of imprisonment.
1) A special treatment is conducted for juvenile inmates as well as young adult inmates for three years after admission in 6 juvenile prisons in Japan. Especially, academic education and life guidance are emphasized and job training and horticulture are provided as prison work in Kawagoe Juvenile Prison as a representative juvenile prison. However, according to the Author' research, general production work constitutes large portion of treatment in other three juvenile prisons. Accordingly, treatment program and job training should be enhanced according to the criminality of juvenile inmates. As the premise, imprisonment with and without labor should be unified as a single imprisonment system such as in Korea, where new draft of Penal Code provides that correctional treatment shall be provided, if necessary, to inmate of imprisonment.
2) Totally suspended execution of imprisonment shall or can be revoked if the convicts commit re-offending or violates the condition. As a result, the convict is required to serve all of the imprisonment term and might be released without community supervision, which is at high risk of re-offending without any supervision or guidance. Therefore, partial revoke of totally suspended execution of imprisonment should be granted, which make the convict be subject to community supervision after serving a part of imprisonment term, such as conditional sentence system of Canada.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:07:28  
作成日
Feb 21, 2019 13:07:28  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 デリダ歓待論にお... (213) 1st
2位 政治社会学として... (204)
3位 犯罪とわが国民性 (174)
4位 新自由主義に抗す... (159)
5位 ロマン主義として... (149)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 中和滴定と酸塩基... (427) 1st
2位 文学書籍における... (361)
3位 アセトアニリドの... (348)
4位 ジャニーズのアイ... (265)
5位 アルコール発酵の... (238)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース