慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170038  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170038.pdf
Type :application/pdf Download
Size :141.3 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 27

Total downloads since Feb 21, 2019 : 27
 
タイトル
タイトル 高齢者の虚弱進行に関与するエネルギー代謝の背景因子の検討  
カナ コウレイシャ ノ キョジャク シンコウ ニ カンヨスル エネルギー タイシャ ノ ハイケイ インシ ノ ケントウ  
ローマ字 Kōreisha no kyojaku shinkō ni kan'yosuru enerugī taisha no haikei inshi no kentō  
別タイトル
名前 Energy metabolism and its background factors involved in frailty progression among elderly subjects.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 勝川, 史憲  
カナ カツカワ, フミノリ  
ローマ字 Katsukawa, Fuminori  
所属 慶應義塾大学スポーツ医学研究センター教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
介護老人保健施設5施設に入所する要介護度1~3の高齢者63名(男性18名/女性45名, 平均年齢85歳)で, 以下の項目を測定した。すなわち, 1)体重, 体組成・細胞外液/内液比(多周波インピーダンス分光法), 2)基礎代謝量(呼気ガス分析装置, Quark RMR, COSMED, Italy), 3)総エネルギー消費量(二重標識水法), 4)握力, ピンチ力, 最大舌圧, 6m歩行速度(自立歩行が可能な者), 身体活動量(活動量計), 5)質問紙法 : 日常生活機能(Barthel指数), 意欲(Vitality指数), 栄養状態(MNA-SF), 食欲(CNAQ, SNAQ), 精神健康状態(WHO-5), サルコペニアのスクリーニング(SARC-F), 6)血液指標 : アルブミン, プレアルブミン, CRP, 高感度CRP, IL-6, Retinol結合蛋白, free T3, free T4, TSH, である。
基礎代謝量は846±126 kcal/日, 総エネルギー消費量は1164±198 kcal/日であった。PAL(=総エネルギー消費量/基礎代謝量)は男女ともに1.38で, 厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」における高齢者(70歳以上)の身体活動レベルI(低い)に相当するPAL=1.45に比べて低値であった。PALと関連する指標として, Barthel指数の歩行スコア(45m以上の歩行の可否, 介助の有無), 加速度計の座位時間, WHO-5, 血中アルブミン値, free T3が有意な相関を認めた。これらの指標に加え, 除脂肪体重, 体脂肪率, Barthel指数の他のスコアが, 総エネルギー消費量と有意な相関を認めた。一方, 各施設の献立と残食率から計算した摂食量は総エネルギー消費量より大きく, 食事の吸収率が低下している可能性も示唆された。現在1年後の予後調査を施行し, 体重, 自立度等の変化の評価を行なっている。今後, 縦断的な虚弱の進行と諸指標の関連についてまとめる予定である。
The purpose of this study is to evaluate the relationship of energy metabolism and its background factors to the progression of frailty in nursing home residents. In 63 subjects (18 men/45 women, 85 years in average, nursing care level 1 to 3), the following measurements were made : 1) weight and body composition, 2) basal metabolic rate (BMR), 3) total energy expenditure (TEE) using doubly labeled water method, 4) grip and pinch strength, maximum tongue pressure, 6-m walking speed, and physical activity evaluated using tri-axial accelerometers, 5) questionnaires (Barthel Index, Vitality Index, MNA-SF, CNAQ, SNAQ, WHO-5, SARC-F), and 6) blood markers (albumin, prealbumin, CRP, hs-CRP, IL-6, retinol binding protein, free T3, free T4, TSH).
BMR and TEE were 846±126 kcal/d and 1164±198 kcal/day, respectively. PAL was 1.38 for both men and women, which was lower than the value for elderly people (over 70 years) with low physical activity level (level I) adopted in the Dietary Reference Intakes for Japanese 2015. PAL showed significant correlations with the walking score of Barthel Index, sedentary time assessed with accelerometers, scores of WHO-5, serum albumin, and free T3 values. In addition to these indices, lean body mass, % body fat, and other scores of Barthel Index were also correlated with TEE. Meanwhile, food consumption assessed from the menus of each facility and individual leftover rates exceeded TEE, suggesting the possibility of decreased meal absorption rate in these subjects. We are now conducting one-year follow-up surveys to evaluate changes in weight, body composition, and various indices of frailty. Further analysis will be made regarding the relationship of the energy metabolism to the longitudinal changes in frailty.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:07:27  
作成日
Feb 21, 2019 13:07:27  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース