慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
0402-1402-0076  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
0402-1402-0076.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.4 MB
Last updated :Jun 30, 2017
Downloads : 357

Total downloads since Jun 30, 2017 : 357
 
タイトル
タイトル けがをしない身体をつくるために  
カナ ケガ オ シナイ シンタイ オ ツクル タメニ  
ローマ字 Kega o shinai shintai o tsukuru tameni  
別タイトル
名前 Effectiveness of a neuromuscular and proprioceptive training program in preventing injuries in athletes  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 橋本, 健史  
カナ ハシモト, タケシ  
ローマ字 Hashimoto, Takeshi  
所属 慶應義塾大学スポーツ医学研究センター准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Sports Medicine Research Center, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 勝川, 史憲  
カナ カツカワ, フミノリ  
ローマ字 Katsukawa, Fuminori  
所属 慶應義塾大学スポーツ医学研究センター教授  
所属(翻訳) Professor, Sports Medicine Research Center, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 石田, 浩之  
カナ イシダ, ヒロユキ  
ローマ字 Ishida, Hiroyuki  
所属 慶應義塾大学スポーツ医学研究センター准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Sports Medicine Research Center, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 小熊, 祐子  
カナ オグマ, ユウコ  
ローマ字 Oguma, Yuko  
所属 慶應義塾大学スポーツ医学研究センター准教授; 慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Sports Medicine Research Center, Keio University; Associate professor, Graduate School of Health Management, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 真鍋, 知宏  
カナ マナベ, トモヒロ  
ローマ字 Manabe, Tomohiro  
所属 慶應義塾大学スポーツ医学研究センター専任講師  
所属(翻訳) Assistant professor, Sports Medicine Research Center, Keio University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
藤沢  
出版者
名前 慶應義塾大学湘南藤沢学会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ショウナン フジサワ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku Shonan Fujisawa gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio SFC journal  
翻訳  
14  
2  
2014  
 
開始ページ 76  
終了ページ 84  
ISSN
13472828  
ISBN
9784877384555  
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
スポーツ傷害予防のためのウォーミングアッププログラムは, その議論が始まったばかりであり, さらなる研究が待たれるフィールドである。今後は, 本当に必要なプログラムの厳選とその科学的根拠, スポーツ種目による取捨選択方法, 練習時間, 頻度などの包括的プログラムの研究が必要である。われわれは現在, 小型の加速度・角速度計を搭載したウェアラブル端末を開発中である。これは運動時にリアルタイムで自身の動作解析を行えるデバイスであり, フォームの確認やスポーツ傷害を起こしやすい動作の矯正に利用したいと考えている。
 
目次

 
キーワード
スポーツ障害  

予防  

ウォームアップ  

バランス訓練  
NDC
 
注記
特集 「スポーツ」の多様性を探る#招待論文#スポーツと健康
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 29, 2017 16:59:56  
作成日
Jun 29, 2017 16:59:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 湘南藤沢 / Keio SFC journal / 14(2) 2014
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース