top link help about koara login
言語選択
flagflag
検索
全文検索(Googleカスタム検索) 詳細検索
インデックスツリー

詳細



ID AN10079809-20140930-0021
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10079809-20140930-0021.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 7.8 MB
Last updated : Oct 21, 2014
Downloads : 8262

Total downloads since Oct 21, 2014 : 8262
URI
タイトル ナイロン66のATR法による赤外スペクトル測定実験
別タイトル
An experiment with infrared absorption spectra measurement of Nylon-66 by ATR method.
著者
大場, 茂(Oba, Shigeru) 
慶應義塾大学自然科学研究教育センター (Research and Education Center for Natural Sciences, Keio University)
向井, 知大(Mukai, Tomohiro)
法政大学自然科学センター (Science Research Center, Hosei University)
publisher
出版地 横浜
出版者 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会
日付
出版年: 2014 - 
作成日
更新日
記録日
形態
上位タイトル
慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学 (The Hiyoshi review of natural science). No.56  (2014. 9) ,p.21- 34
識別番号
ISSN
09117237
DOI
URI
抄録 慶應義塾大学日吉キャンパスにおける文系学生を対象とした化学実験のテーマの1 つとして, ナイロン66 の合成と染色に関する実験を2000 年以前から行っている。合成後のナイロンについて, 機器分析の1 つとして, ATR 法(全反射減衰分光法)による赤外スペクトル測定を2008 年から開始した。それは, 吸収される赤外線のエネルギーから, 化合物に含まれている官能基を簡単に同定できるというメリットがある。本稿では, その背景ならびに実験準備上の注意を述べる。また, すべての吸収帯の帰属についても文献を調べ, 環状単量体のデータとも比較して検討した。なお, アジポイルクロリドの溶媒としてヘキサンを用いているが, これとヘキサメチレンジアミンの水酸化ナトリウム溶液との界面重合により生成したナイロン66 の糸が弱いのは, 重合度ならびに結晶化度が低いためである。冷延伸法によりナイロンの糸を強化できることが知られているが, ナイロン66 は熱安定性が悪いため, 空気中での溶融紡糸が困難であることを確認した。
キーワード
NDC
注記 研究ノート
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 日吉紀要 / 自然科学 / 56 (2014)
関連アイテム


KeiO Associated Repository of Academic resources ( KOARA ) -2008-
riken xoonips