慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25370135seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25370135seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :185.6 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 176

Total downloads since Jan 6, 2017 : 176
 
タイトル
タイトル 気象芸術学の試み : 二〇世紀初頭における庭師と天文学者と建築家  
カナ キショウ ゲイジュツガク ノ ココロミ : ニジッセイキ ショトウ ニ オケル ニワシ ト テンモンガクシャ ト ケンチクカ  
ローマ字 Kisho geijutsugaku no kokoromi : nijisseiki shoto ni okeru niwashi to tenmongakusha to kenchikuka  
別タイトル
名前 An attempt for the meteorological theory of art : gardener, meteorologist, and architect at the beginning of the 20th century.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 後藤, 文子  
カナ ゴトウ, フミコ  
ローマ字 Goto, Fumiko  
所属 慶應義塾大学・文学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00280529
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の課題である「気象芸術学 Meteorologische Kunstwissenschaft」は, 芸術の制作論的諸相において変化する時間=生命性を本質とした近代芸術・建築を, 生成し変化する流体として捉える新たな美術史学・芸術学研究の方法論として構想された。植栽造園家を, 本来不動な建築と植物=有機体とを結合させる存在, つまり無機的存在を有機的生命体へと媒介する重要かつ特異な「媒介者」と位置づけることで, 近代植物学・園芸学と美術史学・芸術学研究の接合・統合を目指した。従来の美術史・建築史的様式論・意味論・機能論が看過してきたモダニズム建築に特有の問題点を明るみに出し, 実証的に解明した。
The important essence of modern art and architecture is the vitality which is changing in the various aspects of art poiesis. The main interest of this research planed as a new method for art history and theory of art considers such modern art and architecture as the fluid. A gardener can be considered as most important, unique mediator who binds solid architectures with plants as organic existence. By means of this consideration the unification between the modern botany and horticulture and the history of modern art and theory of art would be aimed. The various problems about modernist architectures which the traditional methods in the art history such as style-, iconological- and functional theory have overlooked were investigated with evidences.
 
目次

 
キーワード
気象芸術学  

研究方法論  

近代芸術  

近代建築  

近代園芸学  

植物  

庭園  

有機体論  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25370135
研究分野 : 西洋美術史
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:36  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:36  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (506) 1st
2位 越境するファシズ... (497)
3位 ドイツのSNS対策... (470)
4位 アルコール発酵の... (431)
5位 日本における小売... (386)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (960) 1st
2位 刑法における因果... (874)
3位 Consumption of i... (771)
4位 家族主義と個人主... (584)
5位 Instagram解析に... (583)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース