慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24790822seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24790822seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :165.9 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1259

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1259
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 網羅的遺伝子解析手法を用いたゲフィチニブ耐性化の機序の解明  
カナ モウラテキ イデンシ カイセキ シュホウ オ モチイタ ゲフィチニブ タイセイカ ノ キジョ ノ カイメイ  
ローマ字 Morateki idenshi kaiseki shuho o mochiita gefichinibu taiseika no kijo no kaimei  
別タイトル
名前 Investigation of the mechanism of gefitinib resistance by comprehensive genetic analysis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 寺井, 秀樹  
カナ テライ, ヒデキ  
ローマ字 Terai, Hideki  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50445293
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
EGFR遺伝子変異を有する非小細胞肺癌細胞はEGFR-TKIに対して高度感受性を示すが、長期間の同薬剤への曝露で耐性獲得が生じることが知られている。その機序の約30%程度は依然不明である。我々はEGFR遺伝子変異を有する非小細胞肺癌細胞株(PC9)に対してEGFR-TKIの一種であるゲフィチニブを低濃度から漸増して長期間曝露することで、耐性細胞株を樹立した。次にその耐性細胞株と従来の感受性細胞株より採取したRNAを用いてcDNAマイクロアレイ解析を行った。その結果、肺癌細胞におけるEGFR-TKIへの耐性獲得の新たな機序としてFGF2-FGFR1経路の活性化の関与が示唆された。
Almost all patients with non-small cell lung cancer who harbor an epidermal growth factor receptor (EGFR) mutation initially respond well to EGFR-tyrosine kinase inhibitors (TKIs) eventually experience relapse. In this study, we have established a gefitinib-resistant cell line model by long-term exposure to gefitinib. We used originally gefitinib-sensitive lung cancer cell lines, namely PC9 and HCC827. We found that the expressions of both FGFR1 and FGF2 were increased in PC9 gefitinib-resistant (PC9 GR) cells compared to those in PC9 naïve (PC9 na) cells. We found that proliferation of the PC9 GR cells was dependent on FGF2-FGFR1 pathway. Inhibition of either FGF2 or FGFR1 by siRNA or FGFR inhibitor (PD173074) restored the gefitinib sensitivity in PC9 GR cells. We propose FGF2-FGFR1 activation through autocrine loop is a novel mechanism of acquiring resistance to EGFR-TKIs and that this loop be targeted to overcome acquired resistance to EGFR-TKIs in a subset of NSCLC patients.
 
目次

 
キーワード
EGFR-TKI  

肺癌  

薬剤耐性  

イレッサ  

ゲフィチニブ  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24790822
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学・呼吸器内科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:19  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (757) 1st
2位 出生率及び教育投... (678)
3位 『うつほ物語』俊... (459)
4位 新自由主義に抗す... (405)
5位 731部隊と細菌戦 ... (335)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2453) 1st
2位 家族主義と個人主... (1831)
3位 731部隊と細菌戦 ... (716)
4位 猫オルガンとはな... (490)
5位 新参ファンと古参... (430)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース