慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23580152seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23580152seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :225.0 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1186

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1186
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 酵素法-化学合成を組み合わせた生産系の効率向上をめざす基質分子の設計と合成  
カナ コウソホウ-カガク ゴウセイ オ クミアワセタ セイサンケイ ノ コウリツ コウジョウ オ メザス キシツ ブンシ ノ セッケイ ト ゴウセイ  
ローマ字 Kosoho-kagaku gosei o kumiawaseta seisankei no koritsu kojo o mezasu kishitsu bunshi no sekkei to gosei  
別タイトル
名前 Design and synthesis of highly efficient substrate compatible to chemo-enzymatic synthesis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 須貝, 威  
カナ スガイ, タケシ  
ローマ字 Sugai, Takeshi  
所属 慶應義塾大学・薬学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60171120
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
酵素触媒と有機合成をあわせて活用する物質生産プロセスの効率向上を目指し、反応速度論上のパラメーターが好適で、かつ反応媒体にもよい親和性を示す基質を分子設計、合成した。具体的には、まず、微生物全菌体還元の基質として機能するα-ハロケトンの構造最適化を行った。そのものを基質とし、新規に探索した酵素を用いた還元を鍵段階として、テルブタリンの合成を達成した。一方、位置選択性および官能基多様性を最大限に発揮できる、アラビノースやグリカール誘導体を基質設計し、大量合成法を確立した。後者では酵素反応生成物に対する立体選択的Ferrieer反応を可能とし、L-フコースやL-グルコースの合成前駆体へと導いた。
Under these circumstances that biocatalytic transformation is widely used, two approaches, the elaboration of "substrate molecular technology" and "quest of biocatalysts" should be emphasized.  The aim of this approach is to find the optimized structure and synthetic routes of substrates, which would be maximally advantageous for both selectivity of enzyme-catalyzed reaction, and the total efficiency to target molecules. As the results through the research, three topics were achieved: 1) the exploration of the structure of alpha-haloketones which would be highly and efficiently reduced by stereoselective whole-cell microorganisms; 2) development of the structure of sugar oxazolines and glycal derivatives which serves free functional groups requisite for regio- and stereoselective transformation such as Ferrier reaction, were established.  Based on them, new routes for (R)-terbutaline hydrochloride and rare sugars became available.
 
目次

 
キーワード
有機化学  

酵素合成  

糖質化学  

応用微生物学  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23580152
研究分野 : 農学
科研費の分科・細目 : 農芸化学・生物生産化学・生物有機化学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:10  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:10  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース