慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K06067seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K06067seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :75.7 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 42

Total downloads since May 17, 2022 : 42
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 神経幹細胞の分化能を規定するDNAメチル化変動の解明  
カナ シンケイ カンサイボウ ノ ブンカノウ オ キテイスル DNA メチルカ ヘンドウ ノ カイメイ  
ローマ字 Shinkei kansaibō no bunkanō o kiteisuru DNA mechiruka hendō no kaimei  
別タイトル
名前 Analysis of DNA methylation changes that determine the differentiation potential of neural stem cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐野坂, 司  
カナ サノサカ, ツカサ  
ローマ字 Sanosaka, Tsukasa  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40588472
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
神経幹細胞は自己複製能を持つと同時に、脳・神経系を構成するニューロン、アストロサイト、オリゴデンドロサイトへの多分化能を持った細胞である。しかしながら神経幹細胞は発生初期には多分化能を持たず、発生進行に伴い順次上述細胞種への分化能を獲得する。本研究課題では、DNAメチル化というエピジェネティックな修飾に着目し、神経幹細胞の分化能の変化を解析した。その結果、3つのステップによりメチル化状態がダイナミックに変動し、各細胞種への分化能を獲得していることが明らかとなった。
Neural stem cells are cells that have self-renewal ability and have potential to differentiate into neurons, astrocytes, and oligodendrocytes that make up the brain and nervous system. However, neural stem cells do not have pluripotency in the early stage of development, and gradually acquire the ability to differentiate into the above-mentioned cell types as development progresses. In this research project, we focused on the epigenetic modification of DNA methylation and analyzed changes in the differentiation potential of neural stem cells. As a result, it was clarified that the methylation state dynamically fluctuates by three steps and the ability to differentiate into each cell type is acquired.
 
目次

 
キーワード
エピジェネティクス  

DNAメチル化  

神経幹細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K06067
研究分野 : 神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:39  
作成日
May 17, 2022 13:20:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース