慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K10424seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K10424seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :176.5 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 73

Total downloads since Nov 12, 2018 : 73
 
タイトル
タイトル 成人脊柱変形患者の最適脊椎アライメントと手術固定範囲の検討  
カナ セイジン セキチュウ ヘンケイ カンジャ ノ サイテキ セキツイ アライメント ト シュジュツ コテイ ハンイ ノ ケントウ  
ローマ字 Seijin sekichū henkei kanja no saiteki sekitsui araimento to shujutsu kotei hani no kentō  
別タイトル
名前 Analysis of the patient matched spinal alignment based on the patient demographics  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 八木, 満  
カナ ヤギ, ミツル  
ローマ字 Yagi, Mitsuru  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40338091
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
1. 脊柱変形を有する成人患者の骨微細構造から骨質を詳細に検討し, 脊椎矯正固定術に伴い発生する固定隣接脊椎の骨折の頻度と骨質の関係を調査した。また, 得られた骨微細構造から有限要素モデルを作成し, 力学的解析から手術における最適固定脊椎高位を検討した。
2. 脊柱変形を有する成人患者の立位における床反力と下肢および脊柱起立筋の表面筋電図における筋活動を検討することで, 立位および動作時の高齢者の最適な脊椎バランスを明らかにし, 手術における脊椎の必要とされる最適な脊椎矯正角度を患者ごとに検討した。
The relationship between gait pattern, spinal alignment and the level of upper instrumented vertebra (UIV) in surgically treated patients with adult spinal deformity (ASD) has not been fully documented. Our study aimed to assess the effect of UIV level for the gait pattern and spinal alignment in ASD. Both UT and LT groups achieved similar improvement of gait ability and pattern after surgery. Additional studies will be needed to further define the effect of UIV for the activity of daily living such as fast walking, stepping the stairs, or standing from the chair in ASDs. Additionally, the patients with ASD had an asymmetric gait pattern and impaired gait ability compared with healthy volunteers. Gait ability correlated significantly with the GL, spinopelvic alignment, lower extremity joint ROM, and lean volume. The surgical correction of spinopelvic alignment and exercises to build muscle strength may improve the gait pattern and ability in patients with ASD.
 
目次

 
キーワード
脊椎  

アライメント  

骨密度  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K10424
研究分野 : 脊椎
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:23:52  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (292) 1st
2位 ロマン主義として... (238)
3位 犯罪とわが国民性 (215)
4位 アフリカ社会主義... (192)
5位 アセトアニリドの... (181)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (830) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (465)
3位 ジャニーズのアイ... (457)
4位 アルコール発酵の... (321)
5位 Instagram解析に... (265)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース