慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00003152-00000079-0021  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00003152-00000079-0021.pdf
Type :application/pdf Download
Size :716.1 KB
Last updated :Aug 22, 2019
Downloads : 45

Total downloads since Aug 22, 2019 : 45
 
タイトル
タイトル 日本における研究データ公開の状況と推進要因, 阻害要因の分析  
カナ ニホン ニ オケル ケンキュウ データ コウカイ ノ ジョウキョウ ト スイシン ヨウイン, ソガイ ヨウイン ノ ブンセキ  
ローマ字 Nihon ni okeru kenkyū dēta kōkai no jōkyō to suishin yōin, sogai yōin no bunseki  
別タイトル
名前 An analysis of open research data practice, drivers, and barriers in Japan  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 池内, 有為  
カナ イケウチ, ウイ  
ローマ字 Ikeuchi, Ui  
所属 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科, 文部科学省科学技術・学術政策研究所  
所属(翻訳) Graduate School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba; National Institute of Science and Technology Policy (NISTEP), Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田図書館・情報学会  
カナ ミタ トショカン ジョウホウ ガッカイ  
ローマ字 Mita toshokan jōhō gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Library and information science  
翻訳  
 
79  
2018  
 
開始ページ 21  
終了ページ 57  
ISSN
03734447  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
【目的】日本の研究者による研究データ公開の状況と認識を明らかにすること, および推進要因と阻害要因を分析することによって, オープンサイエンス政策や適切な支援体制の構築に資することを目的とする。
【方法】2016年11月から12月にかけて, 科学技術・学術政策研究所が運営する科学技術専門家ネットワークに登録されている1,983名の研究者を対象とした質問紙調査を実施した。回答は, 年齢や分野との関連を分析し, 論文のオープンアクセス状況や先行研究の結果と比較した。推進要因として公開理由や公開データの利用経験を調査し, 2項ロジスティック回帰分析によってデータ公開経験がある研究者の特徴を明らかにした。阻害要因として非公開理由や障壁の程度を調査した。また, 雑誌のデータ公開ポリシーの強度に対してデータ公開率が高い分野と低い分野の特徴を明らかにした。
【結果】大学, 企業, 公的機関・団体等の研究者1,398名 (回答率70.5%) から回答を得た。データの公開経験がある回答者は51.0%であり, 主な公開理由は研究成果の認知向上と雑誌のポリシーであった。非公開理由は雑誌のポリシーがないことなど多岐にわたり, それらが解決されても公開するという回答者は28.4%にとどまった。公開データの入手経験は75.8%, 今後の利用意思は97.1%にみられた。データ公開のための資源は, 人材, 資金, 時間, 公開用リポジトリの充足度が低いと認識されている。また, データを引用せずに利用されることや先取権の喪失などキャリアリスクの懸念が強く, 特に大学の若手研究者に顕著であった。機密, 商用利用, 誤用への懸念も強い。
推進要因と阻害要因の分析から, データ公開を推進するための重要な課題は公開データの入手環境の整備と研究者の時間を確保するための人的支援であることが示唆された。また, キャリアリスクの懸念やインセンティブの欠如への対策としてデータ公開の業績化が重要であることを示した。
【Purpose】This study contributes to the development of open science policies and appropriate support frameworks by clarifying the status and perceptions of open research data, and analyzing drivers and barriers among researchers in Japan.
【Methods】From November to December 2016, 1,983 researchers from the Science and Technology Experts Network operated by the National Institute of Science and Technology Policy took part in a survey. The responses were analyzed for participants' age and disciplines and compared with open access status and previous research results. The reasons for and experience with open data were investigated; the characteristics of researchers who have open data experience were clarified using binomial regression analysis. Reasons for non-disclosure of data and degree of barriers to disclosure were investigated. The characteristics of fields with high and low open data rates compared with the strength of journal open data policies were also clarified.
【Results】Responses were received from 1,398 researchers (70.5%) who belonged to universities, companies, and public institutions/organizations. Of the respondents, 51.0% had experience publishing data; the main reason for disclosure was the improvement of cognition of research results and journal policies. The reasons for non-disclosure varied, including the lack of a journal policy, and only 28.4% respondents would publicize their data if the issues were resolved. Of the researchers, 75.8% had obtained published data and 97.1% exhibited a willingness to use published data. Respondents recognize that there is a lack of human resources, funds, time, and data repositories, which are required resources for data publishing. There were strong concerns, particularly among younger researchers belonging to universities, regarding career risks, such as using data without citation or priority loss. There were also strong concerns regarding confidentiality, commercial use, and misuse.
The resulting analysis suggests that important issues for promoting data publishing include improving the availability of open research data and providing support staff to set aside time for researchers. To solve career risk concerns and the lack of incentives, it is important to make the publishing of data a recognized research achievement.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
原著論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 22, 2019 15:08:14  
作成日
Aug 22, 2019 15:08:14  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 22, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [図書館・情報学] Library and information science / 79 (2018)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (265) 1st
2位 新自由主義に抗す... (258)
3位 ロマン主義として... (244)
4位 犯罪とわが国民性 (180)
5位 アセトアニリドの... (136)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本企業によるリ... (1135) 1st
2位 アセトアニリドの... (527)
3位 ジヒドロアクリジ... (486)
4位 ジャニーズのアイ... (464)
5位 中和滴定と酸塩基... (375)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース