慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

KOARAについてAbout

KOARA(KeiO Associated Repository of Academic resources)は、慶應義塾大学の知の発信と保存を目的として、慶應義塾大学内で生産・保有する学術的資産を電子的な形態で収集・蓄積し、国内外の誰もがアクセスし利用できるようにWeb上で公開するものです。KOARAに搭載されたコンテンツには、学術情報として流通しやすくするためのデータを付加しており、Google Scholar、CiNiiをはじめ国内外からの効果的な検索を可能にしています。

基本システムには、理化学研究所脳科学総合研究センター、ニューロインフォマティクス技術開発チームの開発したXooNIpsを採用しました。このシステムに、同チームとの共同プロジェクト(SourceForge.jp:XooNIps-Libraryプロジェクト)で開発したライブラリーモジュールを組み込んだものがKOARAシステムです。国立情報学研究所の進める学術機関リポジトリ構築連携支援事業の支援を受け、データの充実やシステムのレベルアップを順次すすめています。

運用規則についてRule

慶應義塾大学メディアセンターは慶應義塾大学研究連携推進本部のもと、機関リポジトリの構築、運用を行っています。KOARAへの資料の搭載、利用については運用規則をご覧いただき、学術成果の発信の場としてご活用ください。

著作権についてCopyright

このサイトの著作権は慶應義塾大学メディアセンター(図書館)にあります。このサイトの内容を無断で複写複製することは、著作権の侵害となります。掲載されているコンテンツの利用について本サイトのコンテンツは、慶應義塾大学メディアセンターが著作権者(学会または著者)から複製権と公衆送信権の許諾を受けて公開しています。著作権は、著作権者または学会が保持していますので、著作権法の規定の範囲を超えて利用する場合には、著作権者の許諾を得る必要があります。