慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K19579seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K19579seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :271.2 KB
Last updated :Aug 2, 2019
Downloads : 419

Total downloads since Aug 2, 2019 : 419
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル SLEの免疫学的分類による治療最適化に関する研究  
カナ SLE ノ メンエキガクテキ ブンルイ ニ ヨル チリョウ サイテキカ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 SLE no menekigakuteki bunrui ni yoru chiryō saitekika ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Optimization of the treatment of systemic lupus erythematosus by immunological classifications  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 菊池, 潤  
カナ キクチ, ジュン  
ローマ字 Kikuchi, Jun  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20570881
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究ではヒトSLEの病態解析と個別化医療のためのアルゴリズム確立を追求した。細胞表面分子の網羅的解析からMilk Fat Globule Epidermal growth factor 8 (MFG-E8)に着目した。末梢血中のMFG-E8陽性単球数は疾患活動性と相関した。皮膚, 筋骨格病変, 白血球減少を有する患者で高値であり, 障害臓器での特徴を有する可能性を報告した。また, CD8T細胞亜分画は疾患活動性と相関し, 各障害臓器との関連を示した。以上より, 末梢血免疫細胞および血清蛋白を指標として, 障害臓器および免疫学的アプローチから層別化することの実現可能性が示唆された。
The aim of this study was to analyze the pathogenesis of SLE leading to optimization of the management. We selected the molecule, Milk Fat Globule Epidermal growth factor 8 (MFG-E8), with comprehensive protein analysis. We reported that MFG-E8 positive peripheral monocytes correlated with the disease activity, and were higher in patients with skin, musculoskeletal and lymphocytopenia. In addition, the subpopulations of peripheral CD8 positive T cells correlated with disease activity and were associated with some clinical organ characteristics. Our study indicated the possibility that immunological approach with serum proteins and peripheral immune cells may enable us to classify and implement personalized management.
 
目次

 
キーワード
全身性エリテマトーデス  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K19579
研究分野 : リウマチ・膠原病
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 02, 2019 10:09:08  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Aug 2, 2019    著者,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (984) 1st
2位 故意犯と過失犯の... (794)
3位 慶應義塾大学日吉... (724)
4位 731部隊と細菌戦 ... (456)
5位 新自由主義に抗す... (436)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (806) 1st
2位 刑法における因果... (747)
3位 インフルエンサー... (617)
4位 731部隊と細菌戦 ... (577)
5位 酢酸エステル類の... (565)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース