慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25460487seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25460487seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :181.3 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 220

Total downloads since Jul 30, 2019 : 220
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ヒト純化細胞を用いた肝多段階発がん過程におけるエピゲノムプロファイル解析  
カナ ヒト ジュンカ サイボウ オ モチイタ カン タダンカイ ハツガン カテイ ニ オケル エピゲノム プロファイル カイセキ  
ローマ字 Hito junka saibo o mochiita kan tadankai hatsugan katei ni okeru epigenomu purofairu kaiseki  
別タイトル
名前 Epigenome profiling of precancerous condition in hepatocarcinogenesis using purified human hepatocytes  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 新井, 恵吏  
カナ アライ, エリ  
ローマ字 Arai, Eri  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40446547

名前 後藤, 政広  
カナ ゴトウ, マサヒロ  
ローマ字 Goto, Masahiro  
所属 国立研究開発法人国立がん研究センター研究所・主任研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00291138
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
肝部分切除術検体から, 計31検体分の正常肝細胞ならびに非がん肝細胞を純化し得た。比較対照の組織検体と共にゲノム網羅的DNAメチル化解析を行った。HCV陽性症例はHBV陽性症例に比してDNAメチル化異常の頻度が高く, HCV陽性症例ではDNAメチル化亢進の頻度が高かった。HBV特異的プロファイルは極めて少なく, 一方でHCV特異的プロファイルはゲノム全体に高頻度で認められた。組織検体と純化肝細胞の結果は概ね一致していたが, 純化細胞でより顕著に観察できる特徴もあった。純化細胞を用いることでChIP-seqが可能になり, 臨床情報と紐付いたヒト臨床検体のヒストン修飾パターン取得が可能になった。
Thirty-one samples of hepatocytes with precancerous and normal condition could be purified from partial hepatectomy specimens of patients with metastatic carcinoma and hepatocellular carcinoma associated with hepatitis B or C viral infection. Methylome analysis was performed using Infinium HumanMethylation450k BeadChip. The incidence of DNA methylation alterations was higher at the precancerous stage of HCV-positive patients than that of HBV-positive patients. Many Infinium probes showed HCV-positive-specific DNA methylation alterations throughout the genome, by contrast to HBV-positive patient-specific ones. Although DNA methylation profile of purified hepatocytes exhibited almost similar trend with liver tissue samples, some characteristic profiles appeared significant in purified cells. Cell purification from surgical specimen enabled histone modification profiling which is applicable to personal differentiation or clinical analysis.
 
目次

 
キーワード
エピゲノム  

純化細胞  

前がん状態  

肝細胞がん  

慢性肝炎  

肝硬変  

肝炎ウイルス  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25460487
研究分野 : 病理学, エピゲノム
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 14:22:47  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:45  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 30, 2019    著者,著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース