慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24659801seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24659801seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :87.8 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1472

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1472
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 細菌の鉄獲得機構阻害による静菌効果と臨床応用に向けた試み  
カナ サイキン ノ テツ カクトク キコウ ソガイ ニ ヨル セイキン コウカ ト リンショウ オウヨウ ニ ムケタ ココロミ  
ローマ字 Saikin no tetsu kakutoku kiko sogai ni yoru seikin koka to rinsho oyo ni muketa kokoromi  
別タイトル
名前 Bacteriostatic effects of neutrophil gelatinase-associated lipocalin against clinically identified bacteria  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 森崎, 浩  
カナ モリサキ, ヒロシ  
ローマ字 Morisaki, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60182226

名前 山田, 高成  
カナ ヤマダ, タカシゲ  
ローマ字 Yamada, Takashige  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20348767
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、neutrophil gelatinase-associated lipocalin (NGAL)の細菌鉄獲得阻害機能(静菌効果)に着目し、臨床的に問題となる感染症起因菌に対するNGALの静菌効果を検討するため臨床検体より高頻度に単離されるグラム陰性菌の同定調査を行い、大腸菌(E.coli)、肺炎桿菌、エンテロバクター・クロアカエの上位3菌種を同定した。細菌のTuf遺伝子を標的としたreal-time PCR法では、NGAL15μgの添加でE.coliの3時間後の増殖が抑制される傾向を認め、高濃度NGALがE. coliに対して増殖能を抑制する可能性が示唆された。
We previously focused on bacteriostatic effects of neutrophil gelatinase-associated lipocalin (NGAL), known as a biomarker of acute kidney injury, and investigated the interaction between this protein and intestinal microflora. The present study demonstrated that bacteriostatic effects of NGAL against bacteria, which is frequently found in clinical situations. As a result, gram-negative bacteria such as Escherichia coli, Klebsiella pneumoniae and Enterobacter cloacae was investigated to examine the bacteriostatic effects of NGAL in vitro. To detect bacterial growth, real-time PCR by using bacteria specific primer was performed. Although 1 mcg NGAL did not prevent the growth of these bacteria in vitro, 15 mcg NGAL tended to inhibit the growth of Escherichia coli, but it did not reach statistically significance. In conclusion, the present study demonstrated that high concentration NGAL might be able to inhibit the growth of Escherichia coli.
 
目次

 
キーワード
感染症  

NGAL  

静菌効果  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24659801
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 外科系臨床医学・救急医学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:13  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:13  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (929) 1st
2位 慶應義塾大学日吉... (851)
3位 故意犯と過失犯の... (698)
4位 731部隊と細菌戦 ... (430)
5位 新自由主義に抗す... (408)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (856) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (650)
3位 刑法における因果... (640)
4位 酢酸エステル類の... (629)
5位 インフルエンサー... (598)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース