慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
KO12003001-00002020-0059  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
KO12003001-00002020-0059.pdf
Type :application/pdf Download
Size :328.8 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 45

Total downloads since Mar 28, 2022 : 45
 
Release Date
 
Title
Title Spirituality as a way : the wisdom of Japan  
Kana  
Romanization  
Other Title
Title  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 樫尾, 直樹  
Kana カシオ, ナオキ  
Romanization Kashio, Naoki  
Affiliation 慶應義塾大学文学部  
Affiliation (Translated)  
Role Research team head  
Link  
Edition
 
Place
 
Publisher
Name 福澤基金運営委員会  
Kana フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
Romanization Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
Date
Issued (from:yyyy)  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
[2] p.  
Source Title
Name 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
Name (Translated)  
Volume  
Issue  
Year 2020  
Month  
Start page  
End page  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
本書『道としてのスピリチュアリティ-日本人の智慧』は、序章「現代スピリチュアリティ研究の諸問題」に続いて、第一部「グリーフケアのスピリチュアリティ」、第二部「スピリチュアルケアのスピリチュアリティ」、第三部「瞑想と自己修練」、第四部「グローカル文脈における世界観」の四部構成となっており、間に宗教実践者と自然科学者にとってのスピリチュアリティに関する試論を配置し、計十二篇の論文で構成されている。
本書全体で、現代日本社会におけるスピリチュアリティの現象的特徴と、西洋的スピリチュアリティとは異なった日本的スピリチュアリティ(「日本的霊性」)の特質を明らかにすることを通して、現代スピリチュアリティ研究の新たな視座を提示することができた。その日本的スピリチュアリティの特徴は、①身体的修練という理解の方法、②不可視の生体エネルギー(「気」)としての働き、③所与としての自他の内在的つながり、④聖俗分離以前の社会的一元論、⑤在り方・生き方としての「道」、の五点である。
これら五点が、具体的には、第一部では東日本大震災後の遺族の悲嘆の実態と日本的スピリチュアリティによる悲嘆への応答において、第二部では日本的なスピリチュアルケアのあり方のモデル化と日本人のワーキング・スピリチュアル・ペインの特徴とそれに対処しうるキャリアカウンセリングの可能性において、さらに第三部では義塾が生んだ世界的碩学、井筒俊彦の比較宗教哲学から出発して禅哲学とその他の日本的瞑想実践が醸成するスピリチュアリティにおいて、そして最後の第四部では日常生活性における実存的問いしてのスピリチュアリティの重要性や、宗教的スピリチュアリティの中核を形成する輪廻転生観の日本的特徴、および現代ヒンドゥーイズムの非二元的世界観の日本における移植の特徴において、詳細に論じられている。
本書は当初『課題としての霊性研究』と主題化されていたが、編集過程において日本人が英語で発信することの示差的価値を探究する中で、上記五点の日本的スピリチュアリティの特徴が収斂する「道」の思想=実践を、各論文のテーマに共通する大テーマとして発見できたので、『道としての霊性(スピリチュアリティ)』として本書を上梓した。
 
Table of contents

 
Keyword
 
NDC
 
Note
申請種類 : 福澤基金出版補助
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Research Paper  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
Mar 28, 2022 10:40:45  
Creation date
Mar 28, 2022 10:40:45  
Registerd by
mediacenter
 
History
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
Index
/ Public / Internal Research Fund / Keio Gijuku Fukuzawa Memorial Fund for the Advancement of Education and Research Report / 2020年度
 
Related to