慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26861166seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26861166seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :348.1 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 464

Total downloads since Jan 6, 2017 : 464
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 頭蓋底脊索腫、軟骨肉腫の分子生物学的解析と新しい鑑別方法の構築  
カナ トウガイテイ セキサクシュ, ナンコツ ニクシュ ノ ブンシ セイブツガクテキ カイセキ ト アタラシイ カンベツ ホウホウ ノ コウチク  
ローマ字 Togaitei sekisakushu, nankotsu nikushu no bunshi seibutsugakuteki kaiseki to atarashii kanbetsu hoho no kochiku  
別タイトル
名前 Genetic characterization of skull base chondrosarcoma and chordoma  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 北村, 洋平  
カナ キタムラ, ヨウヘイ  
ローマ字 Kitamura, Yohei  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30445382
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
頭蓋底部に生じる軟骨肉腫と脊索腫とは画像所見や病理組織所見が非常に似ているため, 鑑別が困難な事がしばしばあります。 今回私たちは頭蓋底軟骨肉腫について染色体コピー数異常, isocitrate dehydrogenase(IDH)遺伝子突然変異, brachyuryタンパク質の発現を調べ, 脊索腫のそれらと比較をしました。 その結果, 軟骨肉腫において高頻度でIDH1遺伝子の突然変異を認めたの対し, 脊索腫では認めませんでした。また脊索腫で多く見られるbrachyuryタンパク質の発現は軟骨肉腫では認めませんでした。今回の結果から, これらの検査が鑑別において非常に有用であると考えられました。
Although chondrosarcomas rarely arise in the skull base, chondrosarcomas and chordomas are the two major malignant bone neoplasms occurring at this location. The distinction of these two tumors is important, but it is occasionally problematic because of radiological and histological overlap. We analyzed seven skull base chondrosarcoma specimens for chromosomal copy number alterations (CNAs), isocitrate dehydrogenase (IDH) 1/2 mutations and brachyury expression. We detected CNAs in six of the seven cases, including chromosomal gains of 8q21.1, 19. Mutation of IDH1 was found with a high frequency, of which R132S was most frequently mutated. Immunohistochemical staining for brachyury was negative in all cases. To the best of our knowledge, this is the first whole-genome study of an SBSC case series. Our findings suggest that these tumors are molecularly consistent with a subset of conventional central chondrosarcomas and different from skull base chordomas.
 
目次

 
キーワード
頭蓋底軟骨肉腫  

脊索腫  

IDH1/2  

brachyuryタンパク質  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26861166
研究分野 : 脳神経外科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:23  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース