慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26860338seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26860338seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :126.8 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 497

Total downloads since Jan 6, 2017 : 497
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル インスリン抵抗性発症における腸管マクロファージFoxo1の機能的解析  
カナ インスリン テイコウセイ ハツショウ ニ オケル チョウカン マクロファージ Foxo1 ノ キノウテキ カイセキ  
ローマ字 Insurin teikosei hatsusho ni okeru chokan makurofaji Foxo1 no kinoteki kaiseki  
別タイトル
名前 Physiological roles of intestinal macrophage Foxo1 in HFD-induced insulin resistance  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 川野, 義長  
カナ カワノ, ヨシナガ  
ローマ字 Kawano, Yoshinaga  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80571463
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
当該研究者は, 肥満・高脂肪食負荷に伴い大腸で慢性炎症が生じる事に着目し, 腸管マクロファージを質的・量的に変化させるモデルとして腸管上皮特異的タモキシフェン誘導型Ccl2欠損マウスとマクロファージ特異的Ccr2欠損マウス, マクロファージ特異的Foxo1活性化マウスを作製した。腸管上皮特異的にCcl2分泌を抑制すると, マクロファージFoxo1の下流遺伝子であるCcr2陽性腸管マクロファージ浸潤が抑制され, インスリン感受性と耐糖能が改善した。以上の結果より高脂肪食負荷に伴うインスリン抵抗性発症機序において腸管上皮Ccl2-マクロファージCcr2を介した腸管の慢性炎症が重要である可能性が示唆された。
To investigate the pathophysiological role of colonic macrophage, We generated intestinal epithelial cell-specific tamoxifen inducible Ccl2 knockout mice (Vil-Ccl2KO), Macrophage specific Ccr2 knockout mice (M-Ccr2KO) and Macrophage specific PDK1 knockout mice (Foxo1 activation model). Foxo1 in macrophage directly induced Ccr2 expression (Kawano Y. et al, Diabetes. 2012) Vil-Ccl2KO and M-Ccr2KO exhibit significantly improved glucose tolerance and insulin sensitivity compared to control mice under 12-week-HFD. Deletion of Ccl2 in intestinal epithelial cell reduced infiltration of colonic macrophage, leading to amelioration of HFD-induced intestinal barrier dysfunction, endotoxemia and chronic inflammation in adipose tissue. These data indicate that inhibition pro-inflammatory macrophages infiltration in colon prevents from HFD-induced insulin resistance.
 
目次

 
キーワード
インスリン抵抗性  

腸管免疫  

肥満  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26860338
研究分野 : 内分泌代謝内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:15  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:15  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース