慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26760015seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26760015seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :94.8 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 209

Total downloads since Nov 12, 2018 : 209
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 現代ブータンの多元的宗教空間における仏教と屠畜に関する政治人類学的研究  
カナ ゲンダイ ブータン ノ タゲンテキ シュウキョウ クウカン ニ オケル ブッキョウ ト トチク ニ カンスル セイジ ジンルイガクテキ ケンキュウ  
ローマ字 Gendai Būtan no tagenteki shūkyō kūkan ni okeru bukkyō to tochiku ni kansuru seiji jinruigakuteki kenkyū  
別タイトル
名前 Political anthropology on buddhism and slaughter in multi layered religious sphere of contemporary Bhutan  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 宮本, 万里  
カナ ミヤモト, マリ  
ローマ字 Miyamoto, Mari  
所属 慶應義塾大学・商学部(日吉)・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60570984
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
選挙人リストから全ての宗教者を排除し, 仏教僧を政治領域から退出させたブータンの新制度の下で, 仏教界は大規模な放生や灌頂儀礼の開催等をとおして社会文化領域での存在感を増している。そのなかで, ときに犠牲獣の供犠を伴う「野蛮」な土着の呪術や自然神崇拝は徐々に周縁化され, 肉食や屠殺に対する忌避感は拡大しつつある。本研究では屠畜とその対極にある放生・不殺生をめぐる価値の競合過程を, 畜産局, 県議会, 牧畜民, 仏教僧や民間の放生団体, 呪術者, そして屠場経営者や屠畜者といった多様なアクターからなる相互交渉のプロセスをとおして描出した。
While the new political system of Bhutan disfranchised all religions personalities and excluded them from public political sphere, Buddhist monasteries and monks are conducing grand Buddhist rituals to save the animals and increasing its influences on the society. In those situation, "savage" indigenous rituals and worships involving the sacrifice of animals have been gradually marginalized and the sense of repulsion for carnivorous eating and slaughter is expanding. This study aimed to describe how the society redefine the conventional pastoral custom of slaughter and the presence of slaughterer in the society though the dispute between the slaughter renunciation movement and increasing economic demands for slaughterhouses.
 
目次

 
キーワード
屠場  

仏教復興  

放生実践  

肉食  

デモクラシー  

ブータン  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2014~2017
課題番号 : 26760015
研究分野 : 政治人類学, 南アジア地域研究
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:13  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:13  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (410)
3位 731部隊と細菌戦 ... (238)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (233)
5位 認知文法から考え... (190)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (446) 1st
2位 新参ファンと古参... (431)
3位 日本における美容... (326)
4位 新自由主義に抗す... (299)
5位 インフルエンサー... (257)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース