慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26713047seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26713047seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :153.0 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 109

Total downloads since Nov 12, 2018 : 109
 
タイトル
タイトル 免疫系ー神経系クロストークによる脊髄損傷の病態解明  
カナ メンエキケイーシンケイケイ クロストーク ニ ヨル セキズイ ソンショウ ノ ビョウタイ カイメイ  
ローマ字 Menekikeī-shinkeikei kurosutōku ni yoru sekizui sonshō no byōtai kaimei  
別タイトル
名前 Crosstalk between immune system and nervous system in the pathogenesis of spinal cord injury  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 神山, 淳  
カナ コウヤマ, ジュン  
ローマ字 Koyama, Jun  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30437511
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では脊髄損傷時における免疫系と神経系との細胞間相互作用を解析した。脊髄損傷部位においては損傷後に免疫細胞の集積が見られ, この免疫系細胞の周辺にはOlig2陽性のオリゴデンドロサイト前駆細胞が集積することが明らかとなった。同時にオリゴデンドロサイト前駆細胞は正常時には増殖が非常に緩やかな細胞集団であるが損傷依存的に増殖が活性化することが明らかとなった。この機構の一端として本研究では細胞間シグナル伝達機構の一つして知られるNotchシグナルの活性化が関与していることが明らかとなった。
To unravel mechanistic insight in progression of spinal cord injury, I focused on the interaction between the immune system and the nervous system. I initially discovered activation of Sox2 exprssion in the injured site and,importantly, the Sox2-positive cells were surrounded by microglial cells. To further clarify the mechanism of Sox2 upregulation, we characterized the cells and found that these cells were oligodendrocyte precursor cells (OPCs). At the site of spinal cord injury, immune cell accumulation was observed after injury, and these immune cells expressed ligand for Notch signaling. Then, proliferation of OPCs was activated by Notch signaling. Furthermore, conditional knockout of RBP-J, an effector of Notch signaling, in OPCs resulted in defect in activation of OPCs, indicating that interaction between immune system and nervous system, which was mediated by Notch signaling is important for pathogenesis of spinal cord injury.
 
目次

 
キーワード
脊髄損傷  

Notchシグナル  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(A)
研究期間 : 2014~2017
課題番号 : 26713047
研究分野 : 神経科学一般
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:13  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:13  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース