慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26630013seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26630013seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :751.0 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 242

Total downloads since Jan 6, 2017 : 242
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 簡易的な金属間化合物創製プロセスの提案とその実現  
カナ カンイテキナ キンゾクカン カゴウブツ ソウセイ プロセス ノ テイアン ト ソノ ジツゲン  
ローマ字 Kanitekina kinzokukan kagobutsu sosei purosesu no teian to sono jitsugen  
別タイトル
名前 Proposal of metallic-compound creating process  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小茂鳥, 潤  
カナ コモトリ, ジュン  
ローマ字 Komotori, Jun  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30225586

名前 村井, 一恵  
カナ ムライ, カズエ  
ローマ字 Murai, Kazue  
所属 慶應義塾大学・理工学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70645944
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
雰囲気制御高周波誘導加熱微粒子ピーニングシステムを用いて, 鋼表面にNi-Al金属間化合物層の創成を試みた。その結果, NiとAl粒子を1 : 4の割合で混練した粒子でAIH-FPPを施すと, Ni-Al金属間化合物層が形成された。これは, 投射粒子に含まれるAlがフラックスとして作用することにより局所的にNiとFeの融点が低下すること, また, NiとAlの燃焼合成反応により, 局所的に温度が上昇したためである。さらに, 高温連続酸化試験の結果, 処理した部位は優れた耐酸化性を持つことがわかった。これは, Ni-Al金属間化合物層が高温酸化雰囲気中でAl2O3を連続的に生成しそれが保護被膜となるためである。
To form a Ni-Al intermetallic compound layer on a carbon steel surface, AIH-FPP was carried out at 900℃ in argon atmosphere with a Ni and Al particle milled by means of planetary ball mills. The treated surface was analyzed using SEM, EDX and an XRD. Oxidation test was carried out at 900℃ for 100 hours. Results showed that the Ni-Al intermetallic compound layer with a thickness of 200 μm was formed in the case of the specimen treated by the aluminum rich shot particles; the ratio of Ni to Al was 1 to 4 at.%. This was because (i) melted Al particles reduced the melting point of Ni particles and Fe substrate, and (ii) partially melted area promoted a combustion synthesis reaction between Ni and Al, resulting in forming the Ni-Al intermetallic compound layer. The AIH-FPP treated surface showed a higher oxidation resistance than that of the un-treated specimen. This was because Al2O3 continually created from the Ni-Al intermetallic compound layer protected the steel substrate.
 
目次

 
キーワード
微粒子ピーニング  

高周波誘導加熱  

表面改質  

金属間化合物  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26630013
研究分野 : 材料工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:08  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:08  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース