慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26600055seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26600055seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :492.0 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 484

Total downloads since Jan 6, 2017 : 484
 
タイトル
タイトル シリコンナノポアを用いた光学検出による一分子DNAの塩基配列情報解読  
カナ シリコン ナノポア オ モチイタ コウガク ケンシュツ ニ ヨル イチブンシ DNA ノ エンキ ハイレツ ジョウホウ カイドク  
ローマ字 Shirikon nanopoa o mochiita kogaku kenshutsu ni yoru ichibunshi DNA no enki hairetsu joho kaidoku  
別タイトル
名前 Optical detection of single DNA molecules using a silicon nanopore for readout of sequence information  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 斎木, 敏治  
カナ サイキ, トシハル  
ローマ字 Saiki, Toshiharu  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70261196

名前 岩崎, 渉  
カナ イワサキ, ワタル  
ローマ字 Iwasaki, Wataru  
所属 東京大学・大学院理学系研究科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50545019
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ナノポアシーケンサにおいて高精度な塩基識別実現に向けた課題は, 通過速度の低速化と安定化である。そのためには, ナノポア通過直前・直後のDNAの形態やそれに依存したドリフト運動と拡散運動の競合等を明らかにする必要がある。本研究では, ナノポア通過中, ならびに通過後のDNAコイル形成と空間的移動の観測に必要な100nm, 0.1msの空間・時間分解能を有する光学的観察手法の開発, 動作実証をおこない, さらにナノポア近傍の電場に起因する特徴的なDNA通過挙動を見出した。また塩基情報解読に向けてSTED利用の有効性を確認し, プラズモニック・ナノポアの作製に成功した。
The challenge in highly accurate identification of each nucleotide is slowing and stabilizing DNA translocation velocity. For this purpose, DNA conformation and drift-diffusion motion immediately before and after translocation should be investigated. In this study, an optical microscopic method with 100-nm and 0.1-ms resolution is developed to observe DNA coiling immediately after translocation and its motion. Characteristic DNA translocation dynamics caused by the electric field in the vicinity of nanopore exit is obtained and the mechanism is discussed in detail. To achieve higher spatial resolution aiming to single-molecule sequencing, the possibility of combination with STED and plasmonic nanopore is also demonstrated.
 
目次

 
キーワード
ナノポアセンシング  

DNA  

蛍光計測  

プラズモン  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26600055
研究分野 : ナノ光学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:07  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 徹底的行動主義に... (629) 1st
2位 ASMRに基づく身体... (384)
3位 ジャニーズのアイ... (314)
4位 新自由主義に抗す... (289)
5位 ユーザの写真・位... (261)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (685) 1st
2位 Instagram解析に... (390)
3位 アセトアニリドの... (347)
4位 都市空間における... (333)
5位 新参ファンと古参... (323)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース