慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26380572seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26380572seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :86.8 KB
Last updated :Sep 4, 2019
Downloads : 435

Total downloads since Sep 4, 2019 : 435
 
タイトル
タイトル 消費者のエンゲージメント行動を促すメカニズム  
カナ ショウヒシャ ノ エンゲージメント コウドウ オ ウナガス メカニズム  
ローマ字 Shōhisha no engējimento kōdō o unagasu mekanizumu  
別タイトル
名前 Understanding customer engagement behavior  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山本, 晶  
カナ ヤマモト, ヒカル  
ローマ字 Yamamoto, Hikaru  
所属 慶應義塾大学・経営管理研究科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80376574

名前 松村, 真宏  
カナ マツムラ, ナオヒロ  
ローマ字 Matsumura, Naohiro  
所属 大阪大学・経済学研究科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10379159
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は, 消費者のエンゲージメント行動を促すメカニズムを解明することである。そのために, (1) インターネット上におけるエンゲージメント行動の解明と促進要因の同定, (2) オフラインの実店舗におけるショッパーインサイトの解明と店舗内エンゲージメント行動の決定要因の同定, を行った。(1)についてはSNSサイトのユーザーの行動履歴データを用いて, エンゲージメント行動の諸側面の解明と, その発生メカニズムを明らかにした。(2)についてはスーパーマーケットにて実験を実施し, エンゲージメント行動を促進する要因についての仮説の検証を行った。
The aim of this research to understand the mechanism of customer engagement behavior in online and offline environment. Customer engagement behavior is defined as customer's behavioral manifestations that have a brand or firm focus, beyond purchase, resulting from motivational drivers. To get deeper insight into engagement behavior in online environment, we identified various components of engagement behavior and calculated engagement value of users in mobile SNS. Past research suggests that engagement value is a combination of different aspects of customer behavior. Using the dataset provided by mobile social networking site, we calculate three components of customer engagement value. Also, we identified the relationships between different components of engagement value. For the engagement behavior in offline environment, we conducted experiment in supermarket to understand the drivers to enhance engagement behavior.
 
目次

 
キーワード
エンゲージメント行動  

消費者行動  

マーケティング  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26380572
研究分野 : マーケティング
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 04, 2019 09:16:17  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Sep 4, 2019    タイトル ローマ字,著者 著者ID,著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース