慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26380313seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26380313seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :336.2 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 113

Total downloads since Nov 12, 2018 : 113
 
タイトル
タイトル 大学における知的相互作用が学術研究および科学技術の革新に与える効果の定量分析  
カナ ダイガク ニ オケル チテキ ソウゴ サヨウ ガ ガクジュツ ケンキュウ オヨビ カガク ギジュツ ノ カクシン ニ アタエル コウカ ノ テイリョウ ブンセキ  
ローマ字 Daigaku ni okeru chiteki sōgo sayō ga gakujutsu kenkyū oyobi kagaku gijutsu no kakushin ni ataeru kōka no teiryō bunseki  
別タイトル
名前 An empirical analysis of the impact of knowledge interactions in universities on academic research and science and technology innovation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中嶋, 亮  
カナ ナカジマ, リョウ  
ローマ字 Nakajima, Ryo  
所属 慶應義塾大学・経済学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70431658

名前 田村, 龍一  
カナ タムラ, リュウイチ  
ローマ字 Tamura, Ryuichi  
所属 一橋大学・大学院商学研究科・特任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50546421
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は大学教員が実施する研究指導の効果を指導学生の研究成果の成長への貢献として定量化した。そのために学生の研究成果を指導教員の「質」と関連づけるセミパラメトリック付加価値モデルを導入し, 研究指導の「質」の下限を推定した。本研究の特色は教員の研究指導効果を識別するために, 定年退職・異動・死亡などを原因とする教員の離職に着目したことにある。研究指導環境の世代間の相違を擬似的な対照実験とみなすことで, 教員離職による研究指導の「質」の変化が学生の研究成果の成長に与える影響を識別した。実証分析では, 東京大学物理学研究者を対象に, その指導教員の研究指導効果を計測した。
This research project estimates a professor's value added to a postgraduate student's research achievement growth using unique panel data on matched advisor-advisee pairs in a world-leading physics graduate program. To address an identication problem related to the endogenous selection of advisors and advisees, we use professor turnover and estimate a semi-parametric lower bound of the variance in advisor quality affecting advisee research performance. We find that a one-standard-deviation increase in professor quality results in a 0.54 standard deviation increase in a doctoral student's research achievement growth, increasing the number of first-authored papers that are published in top journals by 0.64 at the doctoral level.
 
目次

 
キーワード
大学教育の付加価値  

科学技術の発展  

研究成果生産性  

知識のスピルオーバー  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2017
課題番号 : 26380313
研究分野 : 応用計量経済学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:11  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース