慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25861124seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25861124seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :84.7 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 715

Total downloads since Jan 6, 2017 : 715
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 小線源治療併用外部放射線治療の線量分布を生物学的に最適化する手法の開発  
カナ ショウセンゲン チリョウ ヘイヨウ ガイブ ホウシャセン チリョウ ノ センリョウ ブンプ オ セイブツガクテキ ニ サイテキカスル シュホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Shosengen chiryo heiyo gaibu hoshasen chiryo no senryo bunpu o seibutsugakuteki ni saitekikasuru shuho no kaihatsu  
別タイトル
名前 Biological optimization for brachytherapy combined with external beam radiation therapy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 白石, 悠  
カナ シライシ, ユタカ  
ローマ字 Shiraishi, Yutaka  
所属 慶應義塾大学・医学部放射線治療科・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00445339

名前 萬, 篤憲  
カナ ヨロズ, アツノリ  
ローマ字 Yorozu, Atsunori  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 大橋, 俊夫  
カナ オオハシ, トシオ  
ローマ字 Ohashi, Toshio  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 花田, 剛士  
カナ ハナダ, タカシ  
ローマ字 Hanada, Takashi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
小線源治療の物理線量を生物学的等価線量に変換し直腸のgEUD(generalized Equivalent Uniform Doses)を計算した。その結果, gEUDが増加するほどGrade2直腸出血の頻度が高くなることがわかった。また多変量解析において, gEUDがGrade2直腸出血の有意なリスク因子であることが示された。生物学的等価線量(gEUD)と直腸出血の有無の関係から, 小線源治療と外照射を合算したNTCP(Normal Tissue Complication Probability)の計算方法とNTCP算出に必要なパラメータの値を提案した。
We demonstrated generalized equivalent uniform doses (gEUD) to be a potential predictive factor for grade 2+ late rectal bleeding after I-125 prostate brachytherapy combined with external beam radiation therapy. We tested the NTCP model suggested by the QUANTEC review (quantitative analysis of normal tissue effects in the clinic) of late rectal bleeding dose-volume factors: the Lyman-Kutcher-Burman (LKB) model, using gEUD. This study calculated NTCP parameter values for late rectal bleeding observed in combined therapy.
 
目次

 
キーワード
小線源治療  

外照射  

最適化  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25861124
研究分野 : 放射線治療
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:04  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース