慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25861030seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25861030seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :303.9 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 299

Total downloads since Jul 30, 2019 : 299
 
タイトル
タイトル 自閉症スペクトラム障害の生物学的基盤 : 非罹患同胞との相違に注目して  
カナ ジヘイショウ スペクトラム ショウガイ ノ セイブツガクテキ キバン : ヒリカン ドウホウ トノ ソウイ ニ チュウモク シテ  
ローマ字 Jiheisho supekutoramu shogai no seibutsugakuteki kiban : hirikan doho tono soi ni chumoku shite  
別タイトル
名前 Neurobiological signatures of autism spectrum disorder  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山縣, 文  
カナ ヤマガタ, ブン  
ローマ字 Yamagata, Bun  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30439476
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
現時点までに計54名(15組のASD兄弟ペアと12組の健常兄弟ペア)を登録した。ASDとその非罹患同胞の2群間での脳灰白質体積の検討では, 両群で有意な差はみとめなかった。これは過去の報告と矛盾しない結果であった。さらに検定水準を下げた解析からは, 非罹患同胞と比較してASD群では扁桃体や被殻の体積が減少し, 中前頭回では増加していた。これらは過去のメタ解析より体積異常を指摘されている脳領域と一致していた。以上より, 非罹患同胞は, 臨床的にはASDと診断はされないが, ASDの病態に関連する脳領域において軽度の脳構造異常を有しており, この共通所見こそがASDの生物学的な所見である可能性が示唆された。
We have enrolled total 54 participants including 15 ASD and their unaffected sibling (US) pairs and 12 healthy control sibling pairs in this study. When we compared gray matter volume (GMV) between ASD and US, there was no significant GMV difference between groups in a voxel-based analysis. However, when decreasing the level of significance, we found ASD had smaller GMV in the bilateral amygdala and caudate and larger GMV in the middle frontal gyrus compared to UN. These brain regions have consistently been reported to be associated with ASD pathology from previous meta-analysis studies. Although UN is not clinically diagnosed as ASD, UN has mild structure abnormalities in the brain regions related to the pathology of ASD. We suggested that these common findings between ASD and UN may be a specific biological marker for ASD.
 
目次

 
キーワード
発達障害  

自閉症スペクトラム障害  

脳画像研究  

同胞研究  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2013~2016
課題番号 : 25861030
研究分野 : 脳画像研究, 発達障害, 気分障害
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 16:59:19  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:58  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 30, 2019    著者,抄録 内容,ジャンル を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース