慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25770114seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25770114seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.4 KB
Last updated :Aug 2, 2019
Downloads : 324

Total downloads since Aug 2, 2019 : 324
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ラテン語宗教テクストStimulus Amoris(c. 1300)の校訂  
カナ ラテンゴ シュウキョウ テクスト Stimulus Amoris (c. 1300) ノ コウテイ  
ローマ字 Ratengo shukyo tekusuto Stimulus Amoris (c. 1300) no kotei  
別タイトル
名前 Editing the Latin devotional text "Stimulus Amoris" (c. 1300)  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 井口, 篤  
カナ イグチ, アツシ  
ローマ字 Iguchi, Atsushi  
所属 慶應義塾大学・文学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80647983
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は, 1300年頃書かれたラテン語宗教作品『愛の疼き』を校訂することであった。中英語の翻訳作品と比較する際の基本テクストを得るためである。このために, 14世紀の終わり頃にイングランドで流通していた7つのラテン語写本を比較してきた。
イングランドで行った二度の調査旅行により, 多くのデータを得ることができた。しかし, ラテン語写本と中英語翻訳を詳細に比較するうちに, 中英語翻訳は7つのラテン語写本のどれからも翻訳されなかったかもしれない可能性が出現した。
このため, 本研究は成功したとは言い難いが, これまでの調査により, 大陸ヨーロッパで書かれたラテン語写本にも目を向ける必要性が明らかになった。
In this project I have been aiming to edit the Latin devotional text "Stimulus Amoris" written in around 1300, for the sake of obtaining a base text with which to compare the Middle English translation. In order to achieve this, I have been collating seven Latin manuscripts that were circulating in England towards the end of the fourteenth century.
Two research trips to England enabled me to accumulate a vast amount of data. However, as I continued to closely collate the Latin Manuscripts with the ME version, there gradually emerged the possibility that the ME text might not have been translated from any of the seven possible Latin sources that I proposed at the outset of this project.
Therefore, this project has not been wholly successful. However, the research conducted up to this point has at least shown me a path to take in the future: that I broaden the geographical limit to this study, and look extensively at those Latin manuscripts written in Continental Europe.
 
目次

 
キーワード
ラテン語宗教文学  

母語翻訳  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25770114
研究分野 : 中世イングランドにおけるラテン語宗教テクストの英語への翻訳
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 02, 2019 16:00:27  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 2, 2019    著者,抄録 内容,言語 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース