慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25670952seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25670952seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :98.9 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 585

Total downloads since Jan 6, 2017 : 585
 
タイトル
タイトル 若年女性がん患者の妊孕性温存に関する意思決定支援統合ケアモデルの開発  
カナ ジャクネン ジョセイ ガン カンジャ ノ ニンヨウセイ オンゾン ニ カンスル イシ ケッテイ シエン トウゴウ ケア モデル ノ カイハツ  
ローマ字 Jakunen josei gan kanja no ninyosei onzon ni kansuru ishi kettei shien togo kea moderu no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of an integrated care model for young cancer patients to support their decision-making about fertility preservation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小松, 浩子  
カナ コマツ, ヒロコ  
ローマ字 Komatsu, Hiroko  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60158300

名前 森, 明子  
カナ モリ, アキコ  
ローマ字 Mori, Akiko  
所属 聖路加国際大学・看護学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60255958

名前 矢ヶ崎, 香  
カナ ヤガサキ, カオリ  
ローマ字 Yagasaki, Kaori  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80459247

名前 藤井, 多久磨  
カナ フジイ, タクマ  
ローマ字 Fujii, Takuma  
所属 藤田保健衛生大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10218969

名前 中村, 幸代  
カナ ナカムラ, サチヨ  
ローマ字 Nakamura, Sachiyo  
所属 横浜市立大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10439515
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は若年がん患者を対象に妊孕性温存に関する理解を促進し, 意思決定を支援する統合ケアモデルを開発することである。文献レビューに基づき<統合ケアモデル>を考案した。ケアモデルの構成要素を構成するために, 妊孕性温存に関するカウンセリングを受けた若年乳がん女性の体験を明らかにした。次いで, 妊孕性温存に対する複雑な意思決定に主体的に取り組むための意思決定支援モジュールとして, ①情報リソースモジュール②ニーズアセスメントモジュール③選択肢とビジョン検討モジュール④照会と連携モジュールが明らかになった。
We have developed an integrated care model which facilitates young cancer patients to understand about fertility preservation and supports their decision-making process. To identify the content for this integrated care model, we disclosed the experience of young breast cancer patients who received a counseling about fertility preservation. Four modules, 1) information resource, 2) needs assessment, 3) alternatives and visionary consideration, and 4) reference and cooperation were created as essential elements which support patients' proactive decision-making process for complicated problems.
 
目次

 
キーワード
若年がん患者  

妊孕性温存  

乳がん  

意思決定支援  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25670952
研究分野 : がん看護
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:58  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:58  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (546) 1st
2位 宋元刊両唐書およ... (337)
3位 徹底的行動主義に... (316)
4位 恵与と家族 (296)
5位 新自由主義に抗す... (265)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A Model-Based Sy... (2136) 1st
2位 A note on estima... (1118)
3位 ジャニーズのアイ... (1009)
4位 Robert N. Anthon... (982)
5位 アセトアニリドの... (973)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース