慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25670195seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25670195seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :213.0 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1529

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1529
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ヒト化モノクローナル抗体の核内移行による新規分子標的療法の開発  
カナ ヒトカ モノクローナル コウタイ ノ カクナイ イコウ ニ ヨル シンキ ブンシ ヒョウテキ リョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Hitoka monokuronaru kotai no kakunai iko ni yoru shinki bunshi hyoteki ryoho no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of molecular targeting therapy using nuclear-transpoted humanized monoclonal antibody  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山田, 健人  
カナ ヤマダ, タケト  
ローマ字 Yamada, Taketo  
所属 慶應義塾大学・医学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60230463

名前 林, 睦  
カナ ハヤシ, ムツミ  
ローマ字 Hayashi, Mutsumi  
所属 慶應義塾大学・医学部・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60327575
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
CD26は広汎なヒトがんに発現している。ヒト化抗CD26抗体(Ab)でがん細胞を処理するとがん細胞の増殖抑制と共にCD26とAbは細胞質内から核内に移行した。クロマチン免疫沈降法にてCD26とPOLR2Aの転写調節領域が特異的に会合することを同定した。Abに抗がん分子Xを結合させたところ、X結合Abが、Abのみよりも極めて高効率にCD26依存性にがん細胞の増殖能の極度の低下を誘導した。一方、CD26を発現する正常ヒト内皮細胞やTリンパ球では、Ab核内移行はなく増殖抑制は認められなかった。X結合Ab-Xをマウスへ投与したところ、異種移植したヒトがんの増殖抑制能は、Abよりも強い効果が得られた。
CD26 is on cell surface of various types of cancers. It was shown humanized anti-CD26 monoclonal antibody(Ab) inhibited cancer cell growth and the Ab treatment induced nuclear translocation of both CD26 and YS110. In response to Ab treatment, it was revealed nuclear CD26 interacted with a genomic flanking region of POLR2A gene, a subunit of RNA polymerase II, using a chromatin immunoprecipitation assay. This interaction with nuclear CD26 and POLR2A gene consequently led to transcriptional repression of the POLR2A gene, resulting in retarded cell proliferation of cancer cells. Anti-cancer reagent X was conjugated with Ab, as a result X-Ab inhibited severely cancer cell growth as compaired with Ab only. It was revealed that Ab or X-Ab did not impair cell growth of normal human endothelial cell and T lymphocyte with CD26 expression. Xenografted human carcinomas were reduced significantly by X-Ab treatment as compared with Ab treatment.
 
目次

 
キーワード
癌  

トランスレーショナルリサーチ  

病理学  

分子標的療法  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2013~2013
課題番号 : 25670195
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 基礎医学・実験病理学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:30  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:30  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース