慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25462614seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25462614seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :195.3 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 550

Total downloads since Jan 6, 2017 : 550
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 卵巣癌における癌免疫逃避機構の解明及び効果的な免疫治療法の開発  
カナ ランソウガン ニ オケル ガン メンエキ トウヒ キコウ ノ カイメイ オヨビ コウカテキナ メンエキ チリョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Ransogan ni okeru gan meneki tohi kiko no kaimei oyobi kokatekina meneki chiryoho no kaihatsu  
別タイトル
名前 Investigating cancer-immunoescape mechanism and effective immunotherapy for ovarian cancer  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 西尾, 浩  
カナ ニシオ, ヒロシ  
ローマ字 Nishio, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90445239

名前 岩田, 卓  
カナ イワタ, タカシ  
ローマ字 Iwata, Takashi  
所属 慶應義塾大学・医学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30296652

名前 谷口, 智憲  
カナ ヤグチ, トモノリ  
ローマ字 Yaguchi, Tomonori  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40424163
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
担がん生体における免疫抑制的な環境が引き起こす腫瘍免疫逃避の個体差が免疫療法の効果を損なう因子の一つと考えられている。今回, ヒト卵巣明細胞がんで活性化がみられる転写因子HNF-1bが抑制性サイトカインや抑制細胞を産生・誘導することで, 樹状細胞やT細胞の機能を抑制していることが示された。一方, HNF-1bを抑制することで樹状細胞やT細胞の機能が回復し免疫抑制からの解除が可能であることが細胞株, 卵巣がんモデルマウスより明らかとなった。これらの知見により, 本転写因子の制御は免疫療法の効果を増強する新たなターゲットとなりうることが示された。
Cancer-induced immunosuppression is one of the major problems for development of cancer immunotherapies. A transcriptional factor HNF-1β preferentially activated in human ovarian clear cell cancer (OCCC) have been reported. We have investigated roles of HNF-1β in the immunosuppressive activity of human OCCC. HNF-1β knockdown and overexpression experiments revealed that HNF-1β induced immunosuppressive cytokine production. In vitro suppressive activities of human OCCC culture supernatants on dendritic cell were reduced by knockdown of HNF-1β in cancer cells. In the mice model, knockdown of HNF-1β in the cancer cells resulted in restoration of T cell stimulatory activity of murine splenic DC in spleens and tumors. Therefore, HNF-1β activation in human OCCC is an upstream event for induction of immunosuppression, and is an attractive target for restoring immunocompetence in OCCC patients.
 
目次

 
キーワード
卵巣がん  

免疫逃避  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25462614
研究分野 : 産婦人科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:54  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース