慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25460363seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25460363seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :130.2 KB
Last updated :Jul 29, 2019
Downloads : 733

Total downloads since Jul 29, 2019 : 733
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 免疫疲弊を起こす、病的PD-1発現機構の解析  
カナ メンエキ ヒヘイ オ オコス, ビョウテキ PD-1 ハツゲン キコウ ノ カイセキ  
ローマ字 Meneki hihei o okosu, byoteki PD-1 hatsugen kiko no kaiseki  
別タイトル
名前 The mechanism of strong PD-1 expression leading to immuno-suppression.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 竹馬, 俊介  
カナ チクマ, シュンスケ  
ローマ字 Chikuma, Shunsuke  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50437208

名前 宮地, 均  
カナ ミヤチ, ヒトシ  
ローマ字 Miyachi, Hitoshi  
所属 京都大学・ウイルス研究所・技術専門職員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90599200
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
PD-1分子は, Tリンパ球の活性化に伴って発現し, 免疫の過剰な活性化による自己組織の傷害を防止するために役立っている。がんや慢性感染症における免疫反応においては, 長引く免疫応答の間にPD-1の過剰な発現が誘導され, 有用な免疫反応を抑制することがわかっている。当研究では遺伝子改変マウスを用い, PD-1が過剰に発現する仕組みを明らかにしようと試みた。結果, ①PD-1の発現を詳細に解析するためのレポーターマウスを作成し, ②サイトカインレセプターのシグナルでPD-1が抑制されることを示した。また, ③PD-1がマクロファージの抑制を通じて免疫反応を制御することなどを明らかにすることが出来た。
PD-1 is induced on activated lymphocytes, inhibits their excessive activation, and thereby prevents damage on self-tissues. In durable immune reaction, for example, chronic infection and cancer, PD-1 is super-strongly expressed, which prevents useful immune reaction. The mechanism of the strong PD-1 expression was unclear. In this study, I aimed to determine what causes strong PD-1 expression in vivo. (1) I utilized molecular genetic tools to create a reporter mice that allows faithful detection of PD-1 expression in mice. (2) I found that IL-7, a homeostatic cytokine for lymphocytes negatively regulates PD-1 expression. In a separate line of experiment, I showed PD-1 controls innate immune reaction by inhibiting macrophage activation. The current study will bring a useful information to understand the biology of PD-1.
 
目次

 
キーワード
免疫寛容  

自己免疫  

がん免疫  

抑制レセプター  

T細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25460363
研究分野 : 免疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2019 14:51:28  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:44  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 29, 2019    著者,著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (410) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (404)
3位 新自由主義に抗す... (336)
4位 ガールクラッシュ... (294)
5位 石垣島の「エコツ... (246)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (741) 1st
2位 酢酸エステル類の... (665)
3位 インフルエンサー... (575)
4位 アルコール発酵の... (458)
5位 診療上の医師の注... (451)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース