慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25293345seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25293345seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :186.9 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 268

Total downloads since Jan 6, 2017 : 268
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 着床前期胚における「ゲノムの若返り」機構の解明  
カナ チャクショウ ゼンキハイ ニ オケル 「ゲノム ノ ワカガエリ」 キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Chakusho zenkihai ni okeru "genomu no wakagaeri" kiko no kaimei  
別タイトル
名前 Molecular mechanisms of genomic rejuvenation during preimplantation development  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 浜谷, 敏生  
カナ ハマタニ, トシオ  
ローマ字 Hamatani, Toshio  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60265882

名前 阿久津, 英憲  
カナ アクツ, ヒデノリ  
ローマ字 Akutsu, Hidenori  
所属 国立成育医療研究センター・生殖・細胞医療研究部・部長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50347225

名前 秦, 健一郎  
カナ ハタ, ケンイチロウ  
ローマ字 Hata, Kenichiro  
所属 国立成育医療研究センター・周産期病態研究部・部長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60360335

名前 津村, 秀樹  
カナ ツムラ, ヒデキ  
ローマ字 Tsumura, Hideki  
所属 国立成育医療研究センター・実験動物管理室・室長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20180052

名前 梅澤, 明弘  
カナ ウメザワ, アキヒロ  
ローマ字 Umezawa, Akihiro  
所属 国立成育医療研究センター・生殖・細胞医療研究部・部長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70213486
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
着床前期胚特異的新規遺伝子についてノックアウトマウス(KO)を作成し機能解析を行った。Kzpi(KRAB-zinc finger)のKOでは有意な産仔数の減少を認めた。Kzpi欠失ES細胞ではimprinted genesの発現異常, アレル特異的メチル化領域(DMR)の低メチル化が認められた。Kzpiは初期胚の脱メチル化に抗しDMRメチル化を維持すると考えられたが, 長期継代後は産仔数の減少もDMRメチル化の低下も消失した。Zfpi(SCAN-zf)のKOではQ-bandで多数の不完全断裂部位を認めた。Zfpi欠失ES細胞は奇形腫形成実験で三胚葉への分化を認めたが, 一部で胎児性癌が形成された。
This study found novel mouse genes (e.g. Kzpi encoding KRAB zinc-finger and Zfpi encoding SCAN-zinc finger) exclusively and zygotically expressed in preimplantation embryos and ES cells. Kzpi-deficient mice showed smaller litter sizes. Interestingly, most imprinted genes were down regulated and the methylation levels of differentially methylated regions (DMRs) were decreased in homozygous ES cells. Kzpi was thus suggested to maintain DMRs against genome-wide demethylation in preimplantation embryos. However, transgenerational phenotypic attenuation of Kzpi-deficient mice was observed: normal methylation patterns of DMRs in Kzpi-deficient blastocyst and ES cells. Zfpi-deficient mice did not show any phenotype, but karyotype analysis revealed chromosomal gaps. Kzpi-deficient ES cells generated a teratoma composed of all the three-germ layer, but gave rise to embryonal carcinoma.
 
目次

 
キーワード
生殖医学  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25293345
研究分野 : 医歯薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:33  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース