慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24791470seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24791470seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :154.2 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 685

Total downloads since Dec 11, 2014 : 685
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 人工酸素運搬体投与による肺移植後拒絶反応軽減の基礎的研究  
カナ ジンコウ サンソ ウンパンタイ トウヨ ニ ヨル ハイ イショクゴ キョゼツ ハンノウ ケイゲン ノ キソテキ ケンキュウ  
ローマ字 Jinko sanso unpantai toyo ni yoru hai ishokugo kyozetsu hanno keigen no kisoteki kenkyu  
別タイトル
名前 Hemoglobin vesicles ameriolate allograft airway rejection  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 加勢田, 馨  
カナ カセダ, カオル  
ローマ字 Kaseda, Kaoru  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70624435
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
BALB/cマウスから気管を摘出し臓器保存液中に4時間保存後、異種移植としてC57BL/6マウスに移植した。1週間後に犠牲死させた。また人工酸素運搬体を臓器保存液中に加えた中に4時間保存後異所移植としてC57BL/6マウスに移植し1週間後に犠牲死させた。Real time PCRで炎症性サイトカインの測定、また病理組織での拒絶反応を検討した。検討したマウスの数が少ないためか人工酸素運搬体投与群で拒絶反応が抑制された傾向はあったが有意差は認めなかった。今後はT細胞の表面抗原の発現によりどのT細胞が関与しているか検討する必要がある。
Acute rejection after lung transplantation is the main risk factor for the development of bronchiolitis obliterans (BO). Hemoglobin-vesicles (HbV) have been developed for use as artificial oxygen carriers and this can provide anti-inflammatory effects and may serve to limit tissue injury in airway transplant. Here, we tested the ability of HbV to prevent airway rejection. Tracheal grafts from BALB/c or C57BL/6 were transplanted to C57BL/6 recipients. Experimental groups were treated with HbV. Histopathological evaluation of luminal obliteration was blindly reviewed. Immunohistochemistry and real-time RT-PCR analyses were performed. Allografts treated with HbV revealed a reduction of thickening in epithelial and subepithelial airway layers at day 7 in orthotopic trachea transplantation model compared with allografts treated with vehicle. There was also a concordant decrease in CD3+ lymphocytes and macrophages in HbV treated allografts.
 
目次

 
キーワード
肺移植  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24791470
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 外科系臨床医学 胸部外科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:23  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (315) 1st
2位 新自由主義に抗す... (287)
3位 DAOの法的地位と... (278)
4位 「余白的コミュニ... (257)
5位 個人・組織両面で... (238)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3467) 1st
2位 なぜ神が存在する... (621)
3位 気象変化による片... (589)
4位 サイバーセキュリ... (493)
5位 中国古代の動物観... (314)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース