慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24656145seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24656145seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :195.6 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1020

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1020
 
タイトル
タイトル 二酸化炭素ハイドレートの大規模火災用消火剤としての可能性  
カナ ニサンカ タンソ ハイドレート ノ ダイキボ カサイヨウ ショウカザイ トシテ ノ カノウセイ  
ローマ字 Nisanka tanso haidoreto no daikibo kasaiyo shokazai toshite no kanosei  
別タイトル
名前 Possibility of carbon dioxide hydrate as a extinguishing agent agait large scale fire  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 植田, 利久  
カナ ウエダ, トシヒサ  
ローマ字 Ueda, Toshihisa  
所属 慶應義塾大学理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10151797

名前 大村, 亮  
カナ オオムラ, リョウ  
ローマ字 Omura, Ryo  
所属 慶應義塾大学理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70356666
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
プール火炎を対象に、上部から二酸化炭素ハイドレート粉末を落下させ、その消火特性を実験的に検討した。比較対象として、氷、ドライアイスを用いた実験も行った。プール火炎の燃料としては、水よりも沸点の低いメタノール、エタノール、水とぼぼ同等の1-プロパノール、水より高い1-ヘキサノールを対象とした。消火に必要な最小の質量、消火限界質量は、水より沸点の低い燃料では、ドライアイスのほうが二酸化炭素ハイドレートより少なかったが、沸点が同等あるいは高い燃料では、二酸化炭素ハイドレートののほうが少なくなった。これは、沸点の高い燃料においては、水の蒸発が促進し、冷却効果が顕著になったためであると考えられる。
Extinction characteristics of pool flame by droping the carbon dioxide hydrate powder were experimentally investigated. For comparison, ice and dry ice are used instead of carbon dioxide hydrate. Fuels of pool flame are classified into three : fuel with boiling point lower than water, methanol and ethanol, fuel with equivalent boiling point with water, 1-plopanol, and fuel with boiling point higher than water, 1-hexanol. The minimum mass of extinction, which is defined as a minimum mass to be able to extinguish the flame, of hydrate is more than that of dry ice for fuels with lower boiling point, while it is less for fuels with equivalent and higher boiling point of water. This indicates that the evapolation of water is enhanced in the higher boiling point fuels with much cooling of fuels, which results in the less minimum mass of extintinction.
 
目次

 
キーワード
消火  

二酸化炭素ハイドレート  

大規模火災  

沸点  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24656145
研究分野 : 工学
科研費の分科・細目 : 機械工学・熱工学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:09  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 徹底的行動主義に... (629) 1st
2位 ASMRに基づく身体... (384)
3位 ジャニーズのアイ... (314)
4位 新自由主義に抗す... (289)
5位 ユーザの写真・位... (261)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (685) 1st
2位 Instagram解析に... (390)
3位 アセトアニリドの... (347)
4位 都市空間における... (333)
5位 新参ファンと古参... (323)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース