慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24650283seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24650283seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :476.8 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 3584

Total downloads since Dec 11, 2014 : 3584
 
タイトル
タイトル ガングリオシド結合性ペプチドを用いた新規ドラッグデリバリーシステムの開発  
カナ ガングリオシド ケツゴウセイ ペプチド オ モチイタ シンキ ドラッグ デリバリー システム ノ カイハツ  
ローマ字 Gangurioshido ketsugosei pepuchido o mochiita shinki doraggu deribari shisutemu no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of novel drug delivery system using ganglioside-binding peptides  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 智典  
カナ サトウ, トシノリ  
ローマ字 Sato, Toshinori  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00162454
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
細胞標的性のドラッグデリバリーシステム(DDS)の設計として、エンドサイトーシス経路を制御した細胞内導入を達成するペプチドの開発を行なった。そのために、細胞膜に存在するガングリオシド(GM3およびGM1)に結合するペプチドをファージライブラリー法で探索して、細胞認識素子として用いた。それらペプチド提示リポソームおよびペプチド修飾タンパク質を作製して、細胞内導入機構や細胞内局在などの評価を行なった。その結果、ペプチド特異的な細胞内導入が達成され、ラフト/カベオラ介在型のエンドサイトーシスにより細胞内に取り込まれることが明らかとなった。これにより新たなDDSの素材の開発を行なった。
For the design of cell-targetable drug delivery system (DDS), the development of peptides which achieve the selective endocytosis was carried out. For this purpose, the peptides which bind to cell surface ganglioside (GM3 and GM1) were selected by phage-displayed peptide library method, and were employed as cell recognition device. The peptide-displayed liposomes and the peptide-conjugated proteins were prepared, and cell uptake mechanism and sub-cellular localization were investigated. The GM3- and GM1-binding peptides showed sequence-specific interaction with cells, and the liposomes and proteins modified with the peptides were efficiently uptaken by raft/caveolae-mediated endocytosis. It was found that the ganglioside-binding peptides developed in the present study are novel cell-penetrating peptides.
 
目次

 
キーワード
ペプチド  

リポソーム  

細胞内導入  

エンドサイトーシス  

フローサイトメーター  

共焦点レーザー顕微鏡  

脂質ラフト  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24650283
研究分野 : 総合領域
科研費の分科・細目 : 人間医工学・医用生体工学・生体材料学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:07  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (506) 1st
2位 越境するファシズ... (497)
3位 ドイツのSNS対策... (470)
4位 アルコール発酵の... (431)
5位 日本における小売... (386)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (960) 1st
2位 刑法における因果... (874)
3位 Consumption of i... (771)
4位 家族主義と個人主... (584)
5位 Instagram解析に... (583)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース