慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24560758seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24560758seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :251.4 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 153

Total downloads since Apr 11, 2016 : 153
 
タイトル
タイトル 利用者と地域のアクセシビリティの違いを考慮した施設の利用行動モデルと最適配置  
カナ リヨウシャ ト チイキ ノ アクセシビリティ ノ チガイ オ コウリョシタ シセツ ノ リヨウ コウドウ モデル ト サイテキ ハイチ  
ローマ字 Riyosha to chiiki no akuseshibiriti no chigai o koryoshita shisetsu no riyo kodo moderu to saiteki haichi  
別タイトル
名前 Facility choice and facility location: relationship with the change of accessibility  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岸本, 達也  
カナ キシモト, タツヤ  
ローマ字 Kishimoto, Tatsuya  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30302532
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, 異なるアクセシビリティの店舗や地域の利用者が混在する場合に対して, 施設配置モデルと買い物行動のモデルを検討した。通信販売による小売と実店舗の小売が混在する場合, 電車利用者と自動車利用者の混在する場合などにおける, 買い物行動の数理的モデル化をするとともに, モデルを用いることにより最適配置について検討し, アクセシビリティの変化による施設配置の変化について分析をし新たな知見をえた。数理モデル上の研究と実態調査に基づく買い物行動のメカニズムの解明の2つのアプローチで成果を上げた。
This research project studied the facilities' location and user's facilities' choice model in the environment that facilities have different accessibility and user's have different accessibility. For example, the location of retail shops competing with increasing mail-order retailing was studied. Shopping behaviors of different modes such as car, train, bicycle, or walk as well as mail-order shopping were studied. Through the modeling of shopping behavior, location of facilities are investigated and the changes of locations by the change of accessibility were analyzed. Through the survey and the modeling of shopping behavior observed in actual cities, the characters and mechanism of shopping behavior were analyzed.
 
目次

 
キーワード
facility location  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24560758
研究分野 : urban and architectral planning
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:58:19  
作成日
Apr 11, 2016 09:58:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース