慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24360230seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24360230seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.4 KB
Last updated :Apr 20, 2022
Downloads : 180

Total downloads since Apr 20, 2022 : 180
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 機能維持性を高める建物・複数機器の協調制御  
カナ キノウ イジセイ オ タカメル タテモノ・フクスウ キキ ノ キョウチョウ セイギョ  
ローマ字 Kino ijisei o takameru tatemono fukusu kiki no kyocho seigyo  
別タイトル
名前 Cooperative control of a building and equipment to enhance the functional maintainability  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小檜山, 雅之  
カナ コヒヤマ, マサユキ  
ローマ字 Kohiyama, Masayuki  
所属 慶應義塾大学・理工学部システムデザイン工学科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10333577

名前 高橋, 正樹  
カナ タカハシ, マサキ  
ローマ字 Takahashi, Masaki  
所属 慶應義塾大学・理工学部システムデザイン工学科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10398638

名前 西, 宏章  
カナ ニシ, ヒロアキ  
ローマ字 Nishi, Hiroaki  
所属 慶應義塾大学・理工学部システムデザイン工学科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00365470
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
制振装置を持つ機器が導入された建物の機能維持のため, 制御手法と設計法を開発した。①建物・機器協調制御手法を構築し, データセンターを事例に数値解析と震動台実験で有効性を実証した。②機能停止確率を最小化する制御系設計法を定式化し, 地震ハザード曲線と建物フラジリティ曲線を用いて少ない計算負荷で設計できることを確認した。③センサの信頼度パラメータとLQG制御理論に基づく故障補償制御法を構築し, 数値解析と震動台実験で有効性を確認した。④過減衰モードを考慮できる拡張応答スペクトル法で絶対加速度応答と最大制御力の推定手法を構築した。⑤セミアクティブダンパーの減衰特性を考慮した最適制御系設計の理論を構築した。
For the functional maintenance of buildings that accommodate equipment with vibration control devices, new control methods and design procedures were developed. 1) A cooperative control method for buildings and equipment was constructed and its validity was confirmed through simulation analysis and shaking table tests of a data center model. 2) A low-computational-load procedure of control design using a seismic hazard curve and a building fragility curve was formulated to minimize the function failure probability. 3) A failure compensation method was developed using a reliability parameter and a linear quadratic Gaussian control and its validity was confirmed through simulation analysis and shaking table tests. 4) A response spectrum method was expanded to estimate the maximum absolute acceleration response and the maximum control force of a system with overdamped modes. 5) An optimal control method considering the damping characteristics of semi-active dampers was formulated.
 
目次

 
キーワード
構造制御  

リスク評価  

協調制御  

地震防災  

性能設計  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2012~2015
課題番号 : 24360230
研究分野 : 地震工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 20, 2022 15:25:04  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:21  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 20, 2022    著者 名前,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (313) 1st
2位 個人・組織両面で... (311)
3位 DAOの法的地位と... (279)
4位 新自由主義に抗す... (277)
5位 「余白的コミュニ... (251)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (741) 1st
2位 大義ある未来 : ... (443)
3位 楽天とアマゾンの... (386)
4位 江藤名保子君学位... (336)
5位 戦時期マラヤ・シ... (321)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース