慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23656156seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23656156seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :215.2 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1481

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1481
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル MRI用小型永久磁石のための相変化蓄熱材を用いた±0.01℃温調システムの開発  
カナ MRIヨウ コガタ エイキュウ ジシャク ノ タメ ノ ソウヘンカ チクネツザイ オ モチイタ ± 0.01℃ オンチョウ システム ノ カイハツ  
ローマ字 MRIyo kogata eikyu jishaku no tame no sohenka chikunetsuzai o mochiita ± 0.01℃ oncho shisutemu no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of the 0.01 C temperature system using the phase change thermal storage coolant for the small permanent magnet for MRI  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小川, 邦康  
カナ オガワ, クニヤス  
ローマ字 Ogawa, Kuniyasu  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50272703
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
小型永久磁石は外部からの熱の流入によって温度が変化し、磁場強度が増減する。永久磁石の磁場を安定させるために、磁石内に相変化蓄熱材を冷媒として循環させることによって磁石温度を安定化させる。本研究では、温調された相変化蓄熱材をネオジウム磁性体周囲に循環させ、磁場安定性の向上を試みた。本研究では冷媒循環が可能な小型永久磁石を製作した。磁石周囲と勾配磁場コイルに冷媒を循環させて磁石温度を安定化させた。その結果、冷媒を循環させることにより磁場が安定化した。一方、相変化蓄熱材を冷媒に用いた場合は安定化の効果はあまり現れなかった。
In a small permanent magnet, when heat flows in from the magnetic circumference, a magnetic temperature changes and magnetic field intensity changes. Magneto temperature is stabilized by making the magnetic circumference circulate through a phase change thermal storage medium as a coolant. In this research, it tried to raise the stability of a magnetic field by making the circumference of a neodymium magnetic body circulate through the phase change thermal storage medium which controlled temperature. The small permanent magnet which can circulate through a coolant for this purpose was manufactured. The magnet circumference and a gradient field coil were made to circulate through a coolant, and magneto temperature was stabilized. As a result, the magnetic field was stable by circulating a coolant. On the other hand, when a phase change thermal storage medium was used for a coolant, the effect of stabilization seldom appeared.
 
目次

 
キーワード
MRI  

温度制御  

周波数安定化  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23656156
研究分野 : 工学
科研費の分科・細目 : 機械工学・熱工学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:24  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース